洋風の「ソース」というと、数種類の材料を混ぜ合わせペースト状にしたり、肉汁をバターと合わせたりと手作りは難しいものと思いがちですよね。お手軽に市販のもので済ませようとしても、いつも同じものを選びがちで味に飽きてしまったりしていませんか?


そんな方にオススメ!昔ながらの懐かしさも感じる和朝食の定番を使用すると簡単にソースが出来るんです!2つを混ぜ合わせるだけで、「どうやって作ったの?」と思われるような深い味わいで絶品なんですよ。

和朝食の定番「海苔の佃煮」

そのアイテムが「海苔の佃煮」です!炊きたての白いご飯に乗せて食べたら、朝から元気が出る美味しさ、皆さんご存知ですよね。

この海苔の佃煮と生クリームを合わせることで、簡単に洋風なオシャレソースに変身!そのままで美味しい海苔の佃煮を使用しているので味付けも不要。クリーミーな味わいに香るのはそう、あの磯の香りです。

作り方は、説明するまでもなく混ぜるだけ。海苔の佃煮を多めにすれば、より磯が爽やかに香り、生クリームを多めにすればよりクリーミーに。


このソースをお肉に、お魚にかけて食べればいつもの料理もランクアップ!とっても万能で、そのままでもペロペロ舐めたくなるほど美味しいんです。

主菜にはもちろん、お野菜にかけてもいつもと違う料理になります。よりコクを出すために、上からチーズをかけても絶品ですよ。

かぼちゃのソテー 海苔クリームパルミジャーノ

焼いた野菜にソースをかけるだけ!

【材料(2人分)】
かぼちゃ     1/8個
オリーブオイル  小さじ1/4
塩        少々
A海苔の佃煮   小さじ2
A生クリーム   大さじ1と1/2
パルミジャーノ・レッジャーノ  5g
こしょう     少々

【作り方】
1 かぼちゃは5㎜幅に切る。 Aをよく合わせておく。

2 フライパンにオリーブオイルを薄く伸ばし、かぼちゃを並べる。 塩少々をふり、両面焼き色が付くまで中火で2~3分焼く。

3 お皿に②を並べ、Aをかける。パルミジャーノを削りかけ、こしょうを挽いてできあがり。

いかがでしたか?いつもの食材がワンランクアップ!ぜひお試しください。

ブログでは簡単おつまみレシピを発信中です。

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら