Licensed by gettyimages ®

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
よく「夫に出産立ち会いをしてもらったけど、何も出来なくて邪魔なだけだった」なんていうことを耳にしませんか?出産の時、「夫の立ち会い」は必要なのでしょうか?それとも正直、邪魔なだけなのでしょうか…?

出産経験者にアンケートを取ってみました。(回答数:724名)

Q1:出産方法について教えて下さい

1位:自然分娩(601名 83%)
2位:緊急帝王切開(46名 6%)
3位:予定帝王切開(24名 3%)
4位:無痛、和痛分娩(25名 3%)
5位:フリースタイル(8名 1%)
6位:水中分娩(2名 0%)
その他(17名 2%)

自然分娩が8割と、かなりの割合を占めています。
ちなみに、欧米では無痛分娩が主流で、フランスで80%アメリカでは60%の妊婦さんが、この無痛分娩を選択しているようです。

Q2:出産に立ち会われた方について教えて下さい

1位:夫(465名 64%)
2位:立ち会い無し(196名 27%)
3位:妻方の父母(149名 21%)
4位:子ども(32名 4%)
5位:夫方の父母(28名 4%)
その他(24名 3%)
※複数選択可

夫の立ち会いは半数以上!
病院によっては、立ち会いが禁止であったり、帝王切開となると立ち会いが出来なかったりすることもあり、立ち会い無しの方も3割程度いました。

Q3:立ち会いで良かった点はどのようなところでしたか?

Licensed by gettyimages ®

立ち会ってもらい良かった点について、コメントをもらいました。
夫の立ち会いで良かった点として挙げられるのは、主に以下3点。

1.出産サポート
腰をさする、お尻を押してもらう、飲み物を取る、うちわであおぐ…など色々出産のサポートをしてもらえる

2.父親としての自覚
出産の大変さを実際に体験してもらうことで、子育てへの心構えをしてもらえる

3.記録係
自分では撮影出来ない、ビデオや写真など、一生に一度の記録を残しておいてもらえる

●回答者のコメント:
・心強かったし、大変さを目の当たりにして、育児参加の気持ちが一層強くなったと言っていた。
・いきむ時、頭を後ろから押してくれて力が入りやすかった!出てきた瞬間の写メが撮れた!分娩台から動けないわたしの変わりに赤ちゃんのムービーなど撮ってくれた!
・助産師さんは付きっぱなしではないので、ひとりだと心が折れそうになる程痛いので、旦那についててもらってよかった。 腰が痛いのでマッサージしてもらったり、一緒に呼吸整えたり、うちわで仰いでもらって助かった。
・私よりも、陣痛の間隔を計ってくれたし実際の陣痛を目の前で見たので、出産が、どのくらい大変か良く分かったみたいでその後の育児への参加がスムーズに行きました。
・主人には一緒に痛みや頑張り具合を乗り越えていけたという。達成感があり、後々子育て中は理解を示してくれ、出産経験を二人で会話することも何度かあり、信頼関係が強くなりました

≪パートナーの欲求不満、把握するにはしぐさを見よ!≫
パートナーのしぐさから、性欲の我慢度を調べてみよう
1分で簡単チェック【パートナーの性欲】を診断してみる

夫以外の立ち会いで「良かった」との声が多かったのが「実母」。

Licensed by gettyimages ®

出産経験者であるという心強さと、何が必要か分かっているからこそのサポート力、などがポイントのようです。

●回答者のコメント:
母なのでなんでもお願いできて良かった。長い陣痛だったが、話し相手がいて良かった。
・一人で生むよりやはり誰かいてくれて心安かったです。人それぞれですが、私は主人より実母でよかったような気がします
・ははが居てくれてすごくこころ強かった!腰の痛みなど何処が痛いかわかるのでいてくれてよかった。
・助産師さんはずっと付きっきりではないので、母がついててくれたのはすごく助かりましたやはり 経験してる事もあって、何処をさすれば楽になるか どういう風に声を掛ければ気持ち的にも楽になるかなどわかってくれているので初産の時とても心強かった!


●その他、良かった点のコメント:
《子ども》
・二人目の出産でしたが、小さくとも長女にも貴重な体験をさせてあげられたので良かったです。
・子どもも立ち会わせ、誰に言われたわけでないのに、頑張って〜と声をかけてくれ、すごく感動した

《夫の母》

・夫の母(男四人を出産した経験あり)に少しの間立ち会ってもらい、色々タメになることをアドバイスしてくれました。心強かったです。

《姉》
・姉に立ち会ってもらい、とても心強かった。

Q4:逆にあまり良くなかったかもな…という点はどのようなところでしたか?

夫に立ち会ってもらい、あまり良くなかった点を聞いたところ、やはりよく聞く「残念だった」感想は見受けられました。

●コメント:
・正直な所、役に立たずイライラしてしまいました。初産だったし勉強不足な主人は声をかける事も汗を拭いてくれる事もなく、ドキドキしながら私をじーっと見ていました(笑)
・途中まで夫が立ち会っていましたが、これ以上はムリ(グロいの苦手…と)と出産直前に出ていきました
・検診に一度もついてきたことがない上に、一度も私の体とお腹の子供に対して心配をした事もなかったのに、たまたま休みで突っ立っていただけで、「立会いをした、いい夫」のような事を周りに言っていて腹が立った


痛み自体は正直本人しか分からないので、夫じゃなくても、これはしょうがないかもな…という点も。

●コメント:
痛みが旦那には分からず、頑張れと言われたらムカついた(笑)腰も押してくれたが、違う箇所を押すので、切れていました(笑)
体をさすってくれますが、場所が違かったり、痛い時にやたらと話しかけてきたり..と逆にイラっとする事が多かったです…笑
・痛さのあまり、何を言っても返答は頑張れの一点張り…いや、こっちは死ぬ気で頑張ってるんですけど何か?って思った。


その他多かったのが「恥ずかしかった」という意見。

●コメント:
・本当にあんなギリギリな私を夫に見せてしまって、大丈夫なんだろうかと今でも思います。
・動物、って感じで恥ずかしかったです。女としての見られることは少し減ってしまったかも…!?
・おまたが丸見えで恥ずかしかった

≪まずは、自分の『妊娠力』をしらべてみよう!≫
1分で簡単チェック【妊娠力】を診断してみる

確かに男性は痛みを感じることは出来ないため、当事者意識にはなりづらいもの。
だからこそ、事前に段取りを学んだり、どんなことが必要か経験者の話を聞いておくとスムーズだと思います。
そして何よりも出産のときは少しばかり残念でも、その後の子育てでは残念にならないよう、夫婦2人で協力していけると良いですね!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス