記事提供:カラパイア

現代において、日常生活の中で写真を撮ることはごく当たり前となっているが、写真撮影の歴史において、日常の写真が撮影されるようになったのはいつからなのだろう?

世界最古の写真は1827年にさかのぼる(サムネイル写真)。これは初めて後世まで残る写真が誕生した日でもある。この写真の撮影者ジョゼフ・ニセフォール・ニエプスは、1825年には自分で編み出した写真製版法を使った独自の撮影方法を開発していた。

ここでは世界初と言われる9の写真を見ていこう。

1. 最初に人をとらえた写真

フランスのアーティスト、ルイ・ダゲール(1787~1851年)は、ダゲレオタイプ(銀板写真)という最初の実用的な写真技術を発明した写真家で、写真術の父とされている。

1838年にパリのブールバードデュ寺院のある通りを撮影したところ、偶然にも通りで靴を磨いてもらっている人物が写り込んだ。

この人物はしばらくじっと動かなかったため、十分に露出時間がとれてうまいこと写真にとらえられたらしい。

靴磨きとこの客以外は通りには誰もおらず、本来ならば交通や歴史の一瞬になるはずもない人の往来でにぎわっているはずの通りが、不気味に静まり返っているように見える。

2. 世界初の自撮り写真

学校で化学に特別な興味を示していたコーネリウスは、アメリカ人発明家のジョゼフ・サクストンによってダゲレオタイプのための銀板作りについて知った。コーネリウスは当時、まだ未知の概念だったこの技術を完璧なものにしようとした。

1839年10月ごろ、この未来の写真家は家の店の前で自分自身の写真を撮り、これが自撮り写真第一号となった。

3. 世界初の気球を使った航空写真

ドローンカメラ以前、気球を使った航空写真があった。“ワシとガンが見たボストン”と名づけられたこの写真は、空から撮った初期の航空写真として現存している。

高度2066フィート(630メートル)から撮られたこの画期的な写真の陰には、勇敢なジェームズ・ウォレス・ブラックとサミュエル・アーチャー・キングがいた。

これ以前にもフランスの写真家で気球乗りのフェリックス・ナダールによる航空写真があると言われているが、残念ながら彼のカメラ機材や写真は空から無事に戻ってくることはなかった。紛失したままで、証拠として残っていない。

この写真が撮られたわずか2年後に、バージニア州の半島方面作戦で南部連合の部隊をスパイするために北軍が気球を使って撮影を行った。

4. 約170年前のニューヨークシティ

人や車の行きかうにぎやかな大都市ニューヨークシティならよく知っている。それが、1848年にさかのぼると、現在とはまったく違うニューヨークのダゲレオタイプ写真を見ることができる。

マンハッタンのアッパーウェストサイドと思われるエリアは、こんなに牧歌的な風景だったのだ。こんな穏やかな風景から、高層ビルが立ち並び、人や車がひっきりなしに行き交う今日のニューヨークの町を想像できるだろうか?

サザビーズはこの写真を5万~7万ドルの価値があると見積もった。

5. 世界初のねつ造写真

現代のデジタルツールを使えば、真実ではないものを本物だと人に思わせるよう、いとも簡単に写真を改ざんすることができる。

昨今、捏造や悪ふざけの写真がたくさん出回っていて、騙される人もほとんどいないが、それではこうした捏造写真を始めて作った人は誰だったのだろう?

写真術のパイオニアを競う激しいせめぎ合いの中、イボリット・バイヤールはある意味一歩先を行った。ライバルのルイ・ダゲールのせいで、フランス科学アカデミーに自分の発明を発表できなくなったバイヤールは、過激な行動に出た。

溺死体を装って自殺写真を捏造し、こうなったのはダゲールとアカデミーのせいだと非難したのだ。バイヤールは写真のパイオニアにはなれなかったが、1840年に世界初の捏造写真を作った男として歴史に残った。

この写真の裏には次のように書かれている。

“これは写真法の発明家バイヤールの遺体。この飽くなき開発者は長年自分の発見に専心していたのに、アカデミーはダゲールにばかり注目し、バイヤールを無視したため、この哀れな男は入水自殺した。人の人生などわからないものだ!”

6. 世界初の太陽の写真

ハッブル望遠鏡やほかの宇宙望遠鏡が出てくる以前に初めて撮影された太陽の写真。1845年4月2日、フランスの物理学者レオン・フーコーとルイ・フィゾーが、ダゲレオタイプで初めて太陽の写真を露出60分の1秒で撮影した。

よく見ると、いくつかの黒点も写っている。肉眼で見ても太陽が空で強烈に光り輝いているのは一目瞭然だが、だからこそこの写真を見れば、その華々しい光をとらえた瞬間の様子を体感できる。

7. 竜巻をとらえた初期の写真

一見、この写真は昔の映画『オズの魔法使い』を思わせるが、当たらずも遠からじだ。

カンサスの地元の果樹農園業でアマチュアカメラマンのA・A・アダムスが、自分の箱型カメラで、22キロも離れたところから自然のとてつもない威力を撮ったもの。本人はおそらく知らないだろうが、彼は未来の竜巻の追っかけの走りだろう。

アダムスは土産としてキャビネ版や立体写真としてこの写真を売って儲けようとしたくらいだったのだから、この写真の価値がいかに高いかわかるだろう。

8. 世界初のニュース写真

1847年にフランスで男が逮捕される場面を撮ったもので、ニュースのために撮られた、初めての報道写真だと考えられている。

警官も被疑者も、プライドと達成感のようなものが表情に表れていて、まるで自分たちが歴史の瞬間になることがわかっていたかのようだ。“カメラに向かって笑って”と誰かが初めて叫んだ瞬間でもあるかもしれない。

9. 世界初の飲み会写真

グルーピー、自撮り、パーティ写真はここから始まった。古い写真では、みんなが一様に重々しい表情をしているのに気がついたことはないだろうか?カメラに向かって笑ったり、おかしな顔をしたりする人はひとりもいないかに見える。

もちろん、当時は片手にカメラ、片手に飲み物のグラスを持って自撮りするのは簡単なことではなかった。

1844年のエジンパラエールのこの写真は、写真家のデイヴィッド・オクタヴィアス・ヒルが、画家で詩人のジェームズ・バランタイン、コミッショナーのジョージ・ウィリアム・ベルと一緒に飲んでいるところで、

友人同士がリラックスして酒を酌み交わして楽しむ息抜きの瞬間がとらえられている。これは、現代のわたしたちが、飲み友だちと出かけ、一緒に写真を撮るのと同じだ。

出典:widewalls

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス