記事提供:CuRAZY

今にも動き出しそうな稲わらの動物たちが、注目を集めています。

新潟市の上堰潟(うわせきがた)公園で、2008年から町おこしとして始まった「わらアートまつり」。

武蔵野美術大学の学生と新潟市民が力を合わせ、約1ヶ月かけて作った作品はとにかく躍動感がすごいんです!

出典 https://instagram.com

巨大なオブジェの骨組みは木で作られ、そこに農家から譲り受けたわらを丁寧にくくり付けています。

手間も時間もかかっているので、雨が降ってもビクともしません。それでは、ここからは他のダイナミックすぎる動物たちのわらアートをお楽しみください!

ジュラシックパークから出てきたトリケラトプス

首にだけは巻きたくないコブラ

誇り高きおっことぬし

とうとう陸に出現したジョーズ

現代によみがえったマンモス

今にも飛び立ちそうな巨大カブトムシ

カッコよさでカブトムシに負けたくないカマキリ

今年はなんと、わらのアヒルちゃんを水に浮かべるという新しい試みも!

今年のまつりは8月末で終わってしまいましたが、作品は11月頃まで展示されています。わらアートは、作品はもちろんのこと、わらの匂いも楽しみの1つだと言われています。

シルバーウィークも近いことですし、新潟まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

出典:Facebook
出典:Twitter
出典:新潟市西蒲区公式HP

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス