記事提供:カラパイア

「もう夕食をつくることはないだろう」というタイトルで海外掲示板に投稿されていた写真が、たしかにこれは当分無理だろうを思わせるのに十分な台所事情となっていた。

圧力鍋で調理していたところ、圧力がかかりすぎて大爆発。蓋は天井に刺さるほどで、コンロは突き破られて鍋はオーブンにまで達している。

これはかなり強烈なんだわ。

鍋の中の圧力が高まりすぎたり、内部の圧力が十分下がるのを待たずに蓋のロックをはずしたりすると、このような台所スプラッタホラー状態となる。

日本では2010年、内圧5.0キロパスカルを基準として、基準より下がらないとロックが解除できなくするなど技術基準が改正されており、正しく使っている分には問題ないそうだ。

だが誤った使い方をしたり、安全基準の満たされていない安物だと危険である。こちらのご家庭も鍋の蓋がぶっささってる。

出典 YouTube

こちらはとある南米のレストランで圧力鍋が爆破した瞬間をとらえた映像。

出典 YouTube

こちらは圧力鍋を使った爆弾の爆破実験動画。ちょっとした小型兵器レベルだぞこりゃ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス