記事提供:CuRAZY

相対性理論などで知られる物理学者・アルベルト・アインシュタインは、科学の発展に貢献しただけでなく、多くの人々に影響を与える数々の人生の教訓を残しています。

今回は、私生活、仕事、あらゆることに通ずる「アインシュタインの教え」をご紹介します。

1. シンプルであること

「もし6歳の子に説明できないのであれば、それは自分でも理解できていないということである」

2. 創造性

「創造性は伝染する。周囲に移してしまおう」

3. 不可能に立ち向かう

「バカを試みる者だけが、不可能を可能にできる」

4. 挑戦と失敗

「失敗を避ける唯一の方法は、新しいアイデアを持たないことである。挑戦をやめるまでは、失敗ではない」

5. 意見を持つ

「偏見のある社会環境で、冷静な意見を述べられる人は限られている。それどころか、意見を持つことさえ出来ない人がほとんどだ」

6. 「当たり前」を否定する

「これまでの私の発見は、合理的な思考から得られたものではない」

7. 想像力を働かせる

「想像とは、研究の最高形態で、知識よりも重要である。なぜなら想像力には世界を取り巻く力があるが、知識には限界があるからだ」

8. 人を大切にする

「私たちは他人のために存在している。なぜなら、私たちが幸せなのは、周囲の人が笑顔で幸せにいてくれるからである。人生とは、誰か他の人のために生きられない限り、価値のないものとなる」

9. 共有する

「生徒とは、教師が知識を流し込む容器ではなく、火を付けてあげるべき「たいまつ」なのである」

10. 学びを受け入れる

「学びは経験である。それ以外は情報でしかない」

11. 正しいことをする

「常に正しいことをしよう。何人かは喜び、何人かは驚くであろう」

12. 好奇心を捨てない

「重要なのは、疑問を持ち続けること。知的好奇心は、それ自体に存在意義があるものだ」

13. 自分を受け入れる

「弱点は、いずれキャラクターになる」

14. 今を生きる

「私は未来のことは考えない。考えなくても未来はやってくるからね」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス