人生には実に様々な事が起こります。
就職も決まって素敵な恋人も出来た、なんて幸せに恵まれたかと思えば、いきなり失業に病気、大切な人との別れなど、良い事に出会えない時もあります。

『ピンチをチャンスに変える』という言葉を良く耳にしますが、人によっては『ピンチは所詮ピンチでしかない』と思うかも知れません。

しかし、実際には人生のピンチをチャンスに上手く変える事は本当に可能であり、私自身も何度かピンチをチャンスに変えている人間なのです。

ピンチをどうやってチャンスに変えるか?

具体的には、ピンチな状況を利用して、やりたい事をやってみるんです。

多くの人は、生活が安定する事を望みますよね?自分のやってみたい事があっても、業績の安定した会社に就職している場合、わざわざこれを手放してまでそれをやってみようとは思わない人の方が多いと思います。

例えば独立を考えていたとしても、所詮無理な願望だと諦めている人もいるでしょうし、定年退職後ののんびりした第二の人生として計画するに過ぎない事も多いと思います。

しかし、仮にその安定した会社がいきなり倒産や閉鎖に追い込まれたり、リストラ対象になってしまったら、どうしますか?
転職が望みやすい年齢やスキルであれば、早々に次の安定職を得られる可能性もありますが、なかなか難しい場合だってあります。

自分からは手放せない状況や環境を失ってしまう時、つまりピンチに陥ってしまった時こそ、駄目もとで自分がやってみたかった独立に挑戦してみたり、思い切って違う事を始めてみる事で、意外にも成功に導かれる事もあるんです。

違う言い方をすれば、ピンチに陥ったらチャンスに変えるしかない!というモチベーションで運を切り開いて行くという事なんです。

実はピンチはチャンスの到来であると気づくこと

何度かピンチに遭遇していると、一見ピンチである状況は、実はチャンスに過ぎないのだという事にも気づきます。

ただし、人間ですから、悪い状況の時に始めからプラス思考に意識が働くわけではありませんよね?
マイナス思考に陥り勝ちになりますし、ある程度気分が落ちてしまうのは仕方ありません。

しかし、そこから精神面が鍛えられる事で、次のステップに必要なものを得られたり、ヒントを得られる事は多いのです。

ピンチに陥ったら、新しい事に挑戦するタイミングなのだと考え、その時の自分に出来る事をこなしていったり、そこから得たヒントを元に新しい事を模索していくと、時間がかかる場合はあっても、正解に辿り着けるものです。

実際にピンチをチャンスに変えて成功した人達

失業や倒産、負債などの数々のピンチを経験しながらも、そこから得たヒントや経験を活かして実際に成功に結びつけた方はいろいろいらっしゃいます。

100円ショップダイソーの代表である矢野博丈氏や、生活倉庫を立ち上げた堀之内九一郎氏もそうです。

どちらも度重なる失敗やホームレスまで経験しながらも、結果的には成功を収めているのです。
両者に共通しているのは、大きな成功までにいくつかのピンチを経験している事。

逆境を経験する事で精神面も鍛えられ、背水の陣で臨む事も、大きなチャンスを引き寄せる為には必要な事でもあるんですね。

妻の実家のハマチ養殖業を継いだが3年で倒産、700万の借金を負い夜逃げ。その後、セールスマン、ちり紙交換、ボウリング場勤務など、9回の転職を重ねた後1972年、雑貨をトラックで移動販売する「矢野商店」を創業した。
  中略
その後均一価格での商売に弟子入り。当時から100円など、均一価格での商売は既にあった。矢野の場合は値段を元々100円以外も付けていたが、忙しくてラベラーが間に合わず、100円均一にしたという。
1970年代のオイルショックなどで仲間は次々辞めたが、1977年のれん分けの形で「大創産業」として法人化。まもなく大きな転機が訪れた。

出典 https://ja.wikipedia.org

100円ショップダイソーの代表である矢野博丈氏の経歴の一部を引用させて頂きました。

1965年 高校卒業後、大阪の繊維工場に就職する。
1966年 両親が他界し、地元に戻る。
1970年 繊維工場に就職するも3年後に倒産。その後、食堂やソーラー会社など30種類以上の事業を立ち上げるがすべて失敗。
1985年 再起のために東京へ行こうとしたが、資金が足りず浜松でホームレスになってしまう。しかし、壊れたストーブを修理してホームレス仲間に売ったことがきっかけでリサイクルに目覚める。
1988年 生活創庫を設立
2001年 マネーの虎に出演

出典 https://ja.wikipedia.org

生活倉庫を立ち上げた堀之内九一郎氏の経歴を引用させて頂きました。現在は事業は低迷しているそうですが、再びチャンスに変えられるのではないかと期待しています。

この記事を書いたユーザー

black rose このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 話題
  • 音楽
  • 社会問題
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら