絶対に誰かに助けてもらえますよ

シングルマザーかつ母親も養っている状況下ですが、3拠点(東京・海外・日本の田舎)で生活=仕事がしたいという生き方の希望があり、さらにやりたいこともあり、イケダさんのブログにも影響され、会社員を辞め起業することにしました。

まずは正社員を辞め、起業にむけて動きつつフリーランスとして働いて生活費を捻出している日々です。本日1社との契約が終了し、そんな時はどうしようもなく不安になることがあります。

明日からまた前向きに頑張れるような言葉があったら頂けるととても嬉しいです。お願いします!

出典まだ東京で消耗してるの?

これは本当にそうなんですが、困った時は、誰かに助けてもらえます

論より証拠。どんなお仕事をしているかはわかりませんが、たとえばぼくも、質問者さんに毎月数万円の仕事を振ることができるかもしれません。

なので、本当に困ったときは、メールください。何か仕事を作れないか、考えてみます。うちのブログに影響を受けたというのなら、ぼくには多少の責任もありますし(笑)

とまぁ、こんな感じで、人は意外と手を差し伸べてくれます。

これは、勇気をもって会社員を辞めたからこそ得られる魔法の力です。質問者さんがサラリーマンだったら、ぼくはこんな風には接してません。当然ですね。

釈迦に説法だとは思いますが、苦境に立った時は、むしろそれをオープンにして、積極的に助けを求めるといいでしょう。必ずや、助けの手は伸びてきます。

繰り返しですが、ぼくも何かできるかもしれません。在宅でできる仕事も作れるので、ヤバいときはメールをください(nubonba@gmail.com)。

だから、心配はいらないんです。ちゃんと地面にはトランポリンがあります。落ちても助かりますし、しばらく休むこともできるし、自分の意思で再浮上もできます。

「いざとなったら助けの手が伸びてくる」という確信があれば、辛い時期も比較的楽に乗り越えることができます。

かくいうぼくも、そういう風に考えて、フリーランス生活を続けています。ぼくがもしも食えなくなったら、多分、読者のみなさんが助けてくれます。うん。えぇ、助けてくれますよね…みなさん。

仕事くれとは言わないので、とりあえずお米送ってください。読者のみなさま、お願いします。

と、話は逸れましたが、こういう質問をいただけるあたり、助けを得ることは苦手ではないタイプだと思います。というか、そうでもなきゃ、シングルマザーで独立なんてできない気がしますしね。

不安定な状況に自分を追い込んだ人には、魔法の力が授けられるんです。だから、安心して、なるべく笑顔で生きるといいと思います。同じフリーランスとして頑張りましょう。

質問はこちらから→イケダハヤト|ask.fm

過去の相談はこちらから→イケハヤ相談小屋

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス