我が家の次男(1歳)は次男特有のとでも言うのでしょうか、典型的な自由人、かつ悪です。

ただ我々も二人目ということもあり、多少は慣れているので放っておいたりしてますが、それが助長しているのか、最近、ますます悪になっていきています。

■問題は解くのではなく、意味を考える

こうした子育ての問題に直面した時に、みなさんはどうしていますか? 子どもも思春期になってくると、もっともっと大きな深刻な問題もたくさん起こすのではないでしょうか。

元京都大学名誉教授の河合隼雄さんの著書『子どもの宇宙』では、「子どもの家出」という問題を取り上げています。

その中で「問題を解決するのではなく、その問題の意味を考えると良い」と書かれています。問題の意味を考えることで、子どもも大人も成長するのだ、と言うのです。

■考えるのではなく、話を聞くだけ

ここで花まる学習会の高濱さんが言われていたことを思い出しました。
「旦那さんは、奥さんから何か問題を相談をされると、一生懸命、解決策を述べようとする。しかし実は、これがそもそも大きな間違いである。」

例えば、奥さんが「うちの子を花まるに入れるか、どうか…どっちがいいかしら…?」と聞いた時、多くの旦那さんは「これこれしかじかだから、まるまるしたほうがいいんじゃないか?」と解決策を述べます。

しかし、実は奥さんは、「もうとっくに花まるに入れることは決めているの。だから、その決断を後押しして欲しい。ちょっとその話を聞いて欲しいだけ。あなたの解決策なんて求めてないの」と思っているのです。

相談された質問の意味だけ考えて、あとは話を聞いてるだけで良いのです。

これって、実は大人と子どもにも当てはまり 子どもの起こした「問題の意味を考える。問題を解決するのではない」ということと同じだと思ったのです。

■意味を考えると解決する

河合先生の『子どもの宇宙』の話に戻ると、子どもの家出の意味を親が考えることで、親が自分の行動を改めたり、子どもとの接し方を変えて、子どもの問題が解決した、という話が載っています。

最初から解決策を考えるのではなく、意味を考えることで相手のことをより理解できるようになるのです。
自分も含めて、男性はついつい、良かれと思って本気の解決策を考えようとしますよね。これは特に夫婦の間では、最もしてはいけない行動なのだそうです。

それと同じで、子どもが問題を起こした時は、いきなり解決策を考えるのではなく、その問題の意味を考えると良いというのです。

我が家の次男の起こす問題の意味を考えてみると、もっとかまって欲しいとか、もっとご飯が欲しいとか…、という単純な意味のような気がします。

ということで旦那さんは、くれぐれも奥さんの問題解決をしようとするのは止めてください。話を聞いたふりをして「うん、うん」と肯定してあげるだけでいいのですから。

最後は、子育て論から脱線した上に、このブログの大多数の読者、奥様方に怒られる
かもしれない話になってしまいました…。汗。

詳細は転載元である『おとなになったよんでほしい』をご参照ください。

この記事を書いたユーザー

吉田和充 このユーザーの他の記事を見る

吉田和充/東京都出身

クリエイティブコンサルタント/クリエイティブコネクター

得意分野は、食や農、遊び、学び、育ち、子どもといった「人の真ん中」に携わる部分。

経営戦略、広報広告戦略の立案、プロデュースや、商品、新規事業開発、海外進出プロデュースなどの企業や店舗、個人の課題解決をしています。

海外のいろんなところに住んで、世界中で仕事をしたい、という中2的妄想を持つ40代クリエイター。

2015年保育士免許取得(←予定!)
2014年次男誕生に際して1年間の育児休暇を取得。
男子2児の父。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス