おいしいビールの注ぎ方」というものが話題になっていたので調べたところ、最初に入れる時のテクニックが大事みたいでした。泡を復活させるハイテクな道具もあるようですが、なんか身近なもので泡を復活できないかな~と思いやってみました。

まずはおいしいビールの注ぎ方

出典 http://www.sapporobeer.jp

サッポロビールが推奨している上手な注ぎ方がこちら。話題の「3度注ぎ」はこのテクニックですね。この他に「グラスをピカピカに磨いておく」という基本のきがあるようです。

ちなみに酔っ払ってもいないのに、話題の「最初は25~30cm上から勢いよく注ぐ」を実践したらダーッとこぼしました。不器用すぎました。酔ってたらもうムリです。

途中まで飲んだ、注ぎ足すビールはない、でも泡がほしい

そういうときもありますよね。

ハンドミキサー登場

なんと100円均一ショップで買えました。150円です。お菓子作りに使おうと思って買っておいたのですが、最初の出番がビールの泡作りになるとは…。※電池は別売りです。

実践

いくよー

思っていたより泡が出てきました!

すごく楽しいです(悪ノリ)

できました。

ご覧のとおり、泡が復活しました!ただし飲んでみた感想は「なんか違う」でした。やっぱり最初に注いだ時の泡とは別の泡ですね、これは。でも一応泡の機能(フタ的な意味で)は果たしてくれそうです。なんで「なんか違う」のか気になったので検索してみたところ…

ビールの泡は、ビール内に含まれる蛋白質・炭水化物・ホップ樹脂などが炭酸ガスの泡の周囲に付着しできた小さな気泡の集まりです。

出典 http://www.geocities.jp

そもそも成分が違ったのですね!なるほど納得です。

ハンドミキサーで強制的に泡立てるメリットは、味はともかく泡がほしい人や、気分的なものや、みんなで飲んでる時に「わー泡だよー!」ってネタになるところでしょうか。ハンドミキサーはもちろんこれ以外の用途に使えるので、試しに買って遊んでみても良いかと思います。

何事も挑戦ですね。100均ハンドミキサー、気に入ったので今後も活用していきたいと思います。

See you!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス