記事提供:まぐまぐニュース!

大阪の中1男女殺害事件の容疑者が、過去に少年に対する強制わいせつで起訴されていたことがわかりました。しかし、この前科を未だ隠し続けているのが朝日・読売の両紙。

辛坊治郎メールマガジン』では、「性犯罪というだけで情報を伏せるメディアの現状は問題」と厳しく批判しています。

大手2紙が隠し続ける容疑者の「前科」

他社から遅れる事半月、ようやく朝日が容疑者の前科報道をはじめたわけですが、その前科の内容について、今でも朝日と読売が隠し続けていることがあります。それは、10代の男の子を監禁した目的です。

産経新聞は朝日が初めて前科に触れた8月29日の朝刊社会面で「中1遺棄容疑者13年前わいせつ目的7件 被害者少年の父『今も許せない』」と、

容疑者の起訴容疑が「少年7人に対する強制わいせつ、逮捕監禁と強盗罪、成人男性1人への傷害罪」であったことを初めて書いてきました。

読売新聞は同じ朝に「中1少年遺体に第三者体液容疑者以外の関与偽装か」と書いてきて、一定の洞察力のある読者には「男の子目的の性犯罪者の犯行」と分かる記事を書いてきましたが、それでもオブラートに包みすぎでしょう。

何せこの前々日の8月27日発売の週刊新潮には、男子生徒のズボンのポケットから「精液の入ったコンドーム」の発見という記事が掲載されていましたからね。

この容疑者、男子生徒の死体を遺棄して福島に帰り、その後何故遺体の場所に戻ったのか謎だったんですが、これが目的、つまり第三者の犯行を偽装するのが目的だったんですね。

他の情報を総合すると、この精液は、遺体の遺棄後、容疑者が逮捕される直前に大阪市北区堂山町の「ゲイの聖地」で誰かから採取したようです。

精液の中で一定時間精子は生きていますから、偽装後すぐにこの重要証拠を押さえることで、採取時期の特定ができたんですね。

遺体遺棄より後で採取された精液となると、精液の主が犯行にかかわっていないのは明らかです。その意味で、容疑者を泳がして、結果的に容疑者にこの偽装工作をさせた大阪府警はホントお手柄です。

一気に下がった立証のハードル

今後、容疑者が黙秘を続けた場合、証拠の積み重ねで殺人と遺棄を証明しなくてはなりませんが、今後堂山町などで聞き込みをしっかりやって、偽装に使われた「精液の主」を見つけ出すことが出来れば、殺人、遺体遺棄共に一気に立証のハードルが下がります

「精液の主」には多分アリバイがあるでしょうから、その男からコンドーム入りの精液を手に入れて、遺体のポケットに入れるなんて、逮捕された男にしかできないって立証するのはそんなに難しくないでしょう。裁判員の心証は正に真黒になる筈です。

そもそも、性犯罪者がわざわざ自分の精液を入れたコンドームを遺体と一緒に残すなんて、余程のアホでないとありえません。

この容疑者、あまりに思考が幼稚です。こんな野郎が出所後野放しになって、その毒牙に2人の子供がかかるなんて、絶対に許せないですよね。

性犯罪に関して、被害者及び遺族の気持ちに配慮して抑制的に報道するのは、メディアのたしなみとしてあり得る話です。

でもね、重大犯罪で、社会がいろんな危機を共有しなくちゃいけない場合ですら、性犯罪だというだけで一切の事実、情報を伏せてしまう一部メディアの現状は問題だと思いますよ。

最終的にこの容疑者の犯行立証に際して週刊新潮しか書いていない「精液入りのコンドーム」が焦点になった時、例えば朝日新聞は「性犯罪」という事件の核心を隠して、いったいどうやって読者に真実を説明するつもりなんでしょうか?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス