ヒルナンデスで紹介

9月7日放送の「ヒルナンデス」の特集、「キングジムの裏側」で紹介されたアイディア文房具をまとめました!

キングジム

テプラやキングファイルで有名な「キングジム」ですが、創業は1927年で、今年88年を迎えます。創業当初は「名鑑堂」という社名で名刺を管理する名簿帳をつくっていました。
1961年に社名を「キングジム」に変更。社名の由来は、「事務用品の王様になりたい」との願いを込めて付けられたのだそうです。
そんなキングジムの製品は、隙間の市場を独占する狙いである「万人受けしなくてもよい」という考え方で開発をしているそうです。

ガーリーテプラ

出典 http://www.kingjim.co.jp

テプラで有名なキングジムですが、最新のテプラは「女性向け」に作られました。見た目が可愛いだけでなく、書体も従来になかったラブリーなものになっています。
可愛いが大好きの女の子のバカ売れで、なんとリボンにも印字できる優れものとなっています。

スクリーンプリンター ロルト

出典 http://www.kingjim.co.jp

スマホの画面を印刷できるプリンターです。スマホの地図を印刷したり、クーポンを印刷したりと意外と便利です。また、バスなどの時刻表を印刷すれば見ながら電話もできます。
主婦に人気な使い方は、レシピの印刷。裏紙を剥がすとシールになっており、壁にレシピを貼ってお料理が可能です!

デジタル卓上メモ マメモ

出典 http://www.gizmodo.jp

液晶画面にメモを書いた瞬間から自動的に記録保存ができます。ワンタッチですぐ次のメモへと、紙のメモではすぐ出来ない機能です。最大99枚のメモが保存できます。
また、重要な日時もアラーム設定で知らせてくれる機能もあります。

ラッケージ

出典 http://www.kingjim.co.jp

板の表面に流れる静電気で紙が張り付く仕組みになっている掲示板です。画鋲やテープを使わず経済的で、学校や病院でも使われているそうです。

ポメラ

一見パソコンに見えますが、メールもネットも出来ない文字を打つだけの端末です。
書いたものはSDカードに保存でき、パソコンに移して手を加えることも可能。重さがわずか300gで、畳むと横が15センチとコンパクトで持ち運びに便利です。余分な機能がないので電源を付けたらすぐ起動し、思い立ったらすぐかけます。電源を入れは電池で充電を気にしなくていいところも便利です。
2008年の発売以来、累計30万台売れた隠れた人気商品なのです。

iコロコロ

スマホやタブレットのタッチパネル専用のコロコロなのです。
一般的なコロコロと違って皮脂汚れの吸着に特化しています。吸着した皮脂は粘着テープの中に浸透し、表面には出てこない仕組みになっています。40回ほどコロコロしたら新しく粘着テープの面を切り出す目安です。普通のコロコロのようなケースが付いており、持ち運びもできます。
綺麗好きで几帳面な方からの熱烈な支持でヒットしているそうです。

いかがでしたか?

万人受けはしなくても、「あ、欲しいかも!」と思えるアイディアが詰まった製品が沢山でしたね!筆者はガーリーテプラが欲しくなりました!みなさんは何か欲しいものありましたか?

こちらの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス