広島県が、猫の目線で県内を探索するWebサービス「広島キャットストリートビュー」を公開しました。現在は、その第1弾として「尾道編」が公開されています。

この動画が公開されると、海外サイトで紹介され、「尾道に行ってみたい」という外国人の意見が多く寄せられているそうです。

まるで猫になって尾道の街をさまよっているような感覚!

出典 YouTube

尾道は、猫が多いことでも有名なんです。

猫の細道

出典 http://www.ononavi.jp

猫の細道は招き猫美術館から天寧寺三重塔にかけて続く約200mの細い路地。
作家の園山春二先生が生み出した「福石猫」を1998年よりこの路地に置きはじめ、この愛称で呼ばれるようになりました。

また周辺には空き家を再生した隠れ家的なお店や美術館もたくさん点在しているので、猫の気分でそぞろ歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

出典 http://www.ononavi.jp

招き猫博物館 IN 尾道

出典 http://img-cdn.jg.jugem.jp

大正時代の民家を改造して作ったネコの額ほどの美術館。
1Fには招き猫神社、2Fには全国から集められた約3,000体の招き猫コレクションの展示をしています。中には江戸時代の珍しいものも。招き猫の上げる手には意味があって、係の人も丁寧に教えてくれます。

毛並みのいいアイドル猫の『小梅』ちゃんもかわいい。
どこを見てもネコ、ネコ、ネコ尽くし。ネコ好きにはたまりません。

出典 http://www.ononavi.jp

尾道のマップ

出典 http://nlab.itmedia.co.jp

 現在、公開されているのは「尾道編」の「商店街エリア」「猫の細道エリア」です。
10月1日に「久保エリア」「御袖天満宮(みそでてんまんぐう)エリア」も公開される予定だそうです。

 また、同サービスの体験コーナーの設置、尾道市の各所に置かれている「福石猫」の展示などを行う企画も開催されています。

場所は、猫カフェ「MoCHA(モカ)」渋谷店(東京都)。期間は9月30日までです。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス