2015年、イスラエルでは酒類の広告に関する規制(アルコール飲料の広告に人が出演してはいけない、BGMを流してはいけない、など)を行うことが法律化されました。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

※写真はイメージです。

そんなアルコール業界に対する厳しい逆風の中、イスラエルの人気No.1ビール「Goldstar」では、広告規制を逆手にとった斬新なテレビCMを公開しました。

出典 https://www.youtube.com

バーを訪れた3人の女性客が…

出典 https://www.youtube.com

なぜかイキナリ…

出典 https://www.youtube.com

走り出して…

出典 https://www.youtube.com

我先にと…

出典 https://www.youtube.com

この席を目指します。

そしてそこには…

出典 https://www.youtube.com

イケメンが登場。

この席に座っているイケメンの隣を奪い合ってたんですね。

あれ…?商品名は出てきたっけ?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

※写真はイメージです。

こちらのCM、内容は特に変わっているわけではないのですが、特筆すべきなのは、“ビールの映像だけでなく、商品名やブランドロゴが一切出てこない”ということなのです。

唯一入っているのが、最後の「Thank god you’re man.」(男でよかった。)というフレーズのみ。このフレーズは、イスラエルではあまりに有名で、これを聞けば「Goldstar」だとすぐに分かる程の認知度なんです。

出典 YouTube

親しまれたメジャーブランドだからこそ成り立つ広告というわけですね。

広告規制という逆風を見事に追い風に変えたクリエイティブなCMでした。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス