投稿者はフリーイラストレーターで活躍する陸原一樹さん。ある日、陸原さんのお子さんがケガをしたメジロを拾ってきた日から、陸原さんとメジロとの限られた日々が優しい時間に包まれていると、じわじわ話題になりユーザーの心を温かくしています。穏やかで優しい時間を重ねながらも、メジロとのお別れに涙が止まりません。

保護したメジロを動物病院へ連れていきます。お医者さんに教わったことを実践しながら看病の日々。

足が折れ満足に動けないのに突然、飛び出し大惨事!陸原さんも慌てたんではないでしょうか。

メジロもファンヒーターの温風が気持ちいいんでしょうか(笑)羽を広げる姿にほっこりします♡

乾いたらいつもの可愛らしい姿に!確かにずぶ濡れの姿とはまるで別人ですね!

メジロに名前をつけました!その名も「ジローちゃん」男の子だったんですね。名前をつけて益々、愛情も湧きます。

フリーでイラストレーターというお仕事を自宅でしてるのでしょうか?仕事の合間にジローちゃんのお世話!ジローちゃんも陸原さんに心を開きだした模様です。

日当りのいいお部屋で日向ぼっこ。気持ち良さそう!ビタミン欠乏には光合成はがとっても大切!

陸原さんの得意なイラストでもジローちゃんとの日々を綴っています。ジローちゃん大分、元気になってきたみたですね。

リハビリ中のジローちゃん

手の中にすっぽり。安心して寛ぐジローちゃん。

メジロは無許可で違法に捕獲され、高値で売買される事例も多く発生してい背景があり、日本野鳥の会などの自然保護団体などが、対象種から外すように要請していました。改定指針の中で、「原則として(メジロの捕獲を)許可しない」と定め、現在、メジロの飼育は禁止になっています。

陸原さんとジローちゃんはずっと一緒にいられる訳ではなかったのです。限られた時間の中で精一杯、ジローちゃんのお世話をする陸原さんの優しさが染みますね。

ゆっくりした歩みですが確実に元気を取り戻しつつあるジローちゃん。お別れは寂しいですがいつか自然の中へ帰るジローちゃんには大空を自由に飛び回って欲しいですね。

ある日・・・

思いも寄らなかった突然の出来事。少し食欲が落ちてはいたものの、まさかこんな唐突なお別れに陸原さんは泣き崩れてしまいました。

ジローちゃんはお空に還ってしまいましたが、最期まで陸原さんの懸命な介護とお世話、優しさに包まれ幸せな時を過ごしたのではないでしょうか。偶然の出会いが生んだ人の温かさに触れられジローちゃんも感謝していることと思います。

陸原さんのツイートはジローちゃんだけでなく多くの人に優しさを与え心を温かくしてくれました。Twitterには「思い出ジローちゃん」というツイートで、まだまだ、たくさんの写真が公開されています。是非、ご覧下さい。心よりご冥福をお祈り致します。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス