イギリスの有名ヘアスタイリスト“ジョン・フリーダ”氏によって生み出された、ショートカットが似合うかどうか簡単に見分ける方法。これが、海外のアーティストやセレブなども参考にしているとのことなので、紹介したいと思います。

2.25インチ(5.7センチ)ルールと名付けられたこの法則。これは、耳の下から顎の一番低い部分までの距離が

“5.7cm以下”の人はショートが似合う
“5.7cm以上”の人はショートが似合わない

というものでして、長年の研究によって導き出された法則になります。

測り方は、顎の一番低い部分に横向きに鉛筆をあて、耳下からまっすぐに定規を下ろして、鉛筆と定規が垂直に交わる点までの距離を計測すればOK。その結果…長さが5.7センチより短ければ、あなたはショートカットが似合うタイプ。また、5.7センチより長ければロングヘアーが似合うタイプとなります。ちなみに

ショートカットがとっても似合う女優“ミシェル・ウイリアムズ”と、ロングヘアーが印象的な“キム・カーダシアン”の写真がありますが、5.7センチルールの法則。ぴったりと当てはまっている事がわかって頂けるのではないでしょうか?

なお、5.7センチルールを満たした女優さんは…

オードリー・ヘプバーン
ケイティ・ホームズ
エマ・ストーン

などで、逆に5.7センチルールを満たさなかった女優さんは…

先程紹介したキム・カーダシアンをはじめ、ジェシカ・アルバ、サラ・ジェシカ・パーカーなどとなっています。

美容師も信頼しているというこの法則。ショートヘアにしたにも関わらず、似合わなかったという…残念な結果にならぬよう『5.7センチルール』。是非一度、チェックしてみて下さいね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス