今、ドイツでちょっと話題になっているあるホテル。イベントのための展示用として一時的に利用されているだけだが、予想を大きく上回る反応でSNSでもコメントが相次いでいる。

えぇっと…これはもしやアレ!?

出典 http://www.mirror.co.uk

VIP用のホテルがドイツのボッカム市の展示場に建設された。何かわかるだろうか?一瞬でわかった人は、ふふふ、いやらしいぞ!筆者は一瞬ではわからなかったが、よく見るとなるほど、アレである。

カップルがまるでセックスをしているかのようなイメージ

出典 http://www.mirror.co.uk

この建物のコンセプトは「自然界を超えた人間の力」&「自然との乱れた関係」ということらしいが、イベントの「良きもの」「悪しきもの」「醜きもの」のテーマが基本となって作られたものらしい。これまで多くのイベント客が訪れ、SNSではこの建物が「建築ポルノ」として拡散されているということだ。

Domestikator(ドメスティケイター)と名付けられたホテル

出典 http://www.mirror.co.uk

イベント自体は来年も続くが、このホテルは今月末までの仮展示らしい。とはいえ、実際にVIP客が宿泊できるらしく人気はあるようだ。ここでは音楽やアート、劇など嬉しいイベントが目白押しで多くの観客が訪れているそうだ。

市民には賛否両論のホテル

出典 http://www.mirror.co.uk

「どこから見てもアレにしか見えない」という人もいれば「よく見なきゃわからない」という人もいるようだ。ボッカム市民の間では「挑発的」と批判の意見や「ウケる」とポジティブな意見があるようだ。

デザインは去年から練られていたということだが、建築家は「批判的なアートワークのデザインの根底には深いコンセプトがあります。」と語っているが、果たしてこれを見た読者のみなさんはどう思うだろうか。SNSでは「上品な建築ポルノ」と噂されているが、まさに言い得て妙である。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス