扉を開ければそこはお化け屋敷…いえ、BARです。六本木の地下にある「怪談が聞けるバー」へ行ってみました。季節を問わず怖いもの好きのあなたへ…。友達同士でも楽しいですが、カップルで行けば憧れの「キャー(ガシッ)」ができるかも。
※怖いのが苦手な人は閲覧注意です。

怪談ライブバー:スリラーナイト

出典 https://www.facebook.com

ネオンのギラつく六本木の街、建物の地下にそこはあります。
入口は完全にアトラクションのゲートです。

スリラーナイト六本木とは、 プロの怪談師による怪談ライブをお届する、新感覚の怪談ライブバーです。怪談ライブは、1時間に1本 約15分程度の怪談噺を聞いて頂きます。

出典 http://thriller-tokyo.com

1時間ごとのセットで飲み放題がついてきます。3,500円/1名。延長料金はもう少し安くなり、クーポンでちょっとお得に入れたりもします。

出典 https://www.facebook.com

予約していたのですぐ席に案内してもらいました。店員のお姉さんは普通な感じでちょっと安心します。怪談以外の時間はふつうに飲んだり話たりして過ごせるようです。

ちなみに入口付近のロッカーの中には何か入っています。

出典 https://www.facebook.com

店内はこのような感じで…。自分たちのグループが一番最初に入ったはずが、通された席には女性らしき人影が。「相席なのかな?」と思ったら、

相席でした

油断していたので後姿が完全に人間でした。「!」となりましたが、横に座りました…。

まだ他のお客様が来ていなかったのできょろきょろしてましたが、明らかに向こうの席にも何かいらっしゃいます。

店内の装飾はわりと本気

ちょっとしたお化け屋敷レベルにはこだわっています。公式SNSを見ていると、どうやら人形の配置はその日によって違う模様…。予約客に合わせて配置しているのでしょうか。

ホラー映画上映中

怪談タイムになるまで映画をチラ見しながらお酒を飲み放題。この日はチャイルド・プレイが流れていました。チャッキー!

怪談はあそこで語られる

部屋の隅にマイクが用意してあります。

照明が落とされ、怪談師登場

出典 http://thriller-tokyo.com

店内の照明が落とされ(撮影禁止・携帯はマナーモードにというアナウンスがあり)怪談師登場。何人かいる怪談の語り部さん達のうち、この日は「村上ロック」さんでした。テンポよく語る途中、ふっと目が合うとなぜか怖いです。

一緒に行った友達のうち重度の怖い話好きは「もっと!もっと怖いやつ!」と言っていましたが、苦手な友達はもう無言になってました。ちなみにちょっとした演出もあるので、「キャー!(ガシッ)」のチャンス到来。

さて、トイレへ…

「ハハハ、まあまあ怖かったね」的なノリでトイレへ。

ドアを開けて、閉じて、

あかん」と思いました。個人的にこれが一番怖かったです。この記事を書いたらこの写真データはPCから消そうと思います。

ちなみにトイレットペーパーの近くに…

いるからね

いるからね

見てるからね

最寄り駅:六本木駅3番出口(喫茶店アマンドがある出口です)

飲み放題とはいえ1時間3,500円なので、お酒が好きな人・怪談が好きな人と行くと良いと思います。六本木でちょっと時間ができた時や、安全に怖い思いをしたい時にどうぞ…!

See you!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス