「放課後デイサービス」というものをご存知でしょうか?主に発達障がい児を対象とした福祉サービスで、学校が終わった放課後に障がい児達を預かってくれるというものです。

殆どの場合は送迎付きで、学校やスクールバスのバス停にお迎えに行き、帰りは自宅まで送り届けてくれるという、特に仕事を持つ母親にとっては有り難いもので、小学生の障がい児の大多数が利用しているというのが現状です。

学校側からも「このような外部サービスを積極的に利用して福祉社会との繋がりを持つように」と勧められ、母親達は送迎可能な範囲にある事業所を探し、面談を行い、役所で手続きをして、やっと契約を結べるという、面倒な段階を踏まなくてはならないのにも関わらず、平均1~3箇所の事業所と契約している方が多くみられます。

なぜそこまでして利用したいのか。それは決して発達障がい児を預けて、母親が自分の時間を作って楽したいからではありません。他者とコミュニケーションを図ることに困難を抱えている子供達が、家庭以外の場所で安心して過ごせる居場所、新しい人間関係を築く中で成長してほしいという願いを秘めているからです。障がい者は、福祉社会との繋がりがなければ生きていかれません。このことを踏まえて、学校側も外部との連携を推奨しているのです。

ですが実際のところ、自宅から通える範囲に放課後デイはなかなかありませんでした。あったとしても定員オーバーで予約待ち。中には3~4年待ちというところもあるほどです。私自身も1箇所を利用しながら、もう1箇所は予約待ちで待機状態。地域差もあると思いますが、私の居住区近隣では大体このような状態が当たり前という感じでした。

ですが、一昨年くらいから異変が起こり始めました。それは急激に「放課後デイサービス」が増え始めたのです。ただでさえ増加傾向にある発達障がい児の居場所は、何処へ行っても満員状態で、親にとっては嬉しい出来事のはずだったのですが、蓋を開けてみたら期待ハズレもいいところでした。

「放課後デイサービス」が増え始めたのは、決して受け皿の不足している障がい児達の居場所を提供しようという思いばかりではなく「福祉産業は物凄く儲かるらしい!」という噂が噂を呼び、障がい児に限らず高齢者向けも含めて、急激にデイサービスが乱立し始めました。実際に「高齢者送迎中」と提示された車を頻繁に見かけるようになり、なんとも複雑な思いで見つめています。

ザックリと述べれば、利用者側は世帯収入によって支払う利用料に限度額が設定されています。一般的な収入の家庭では、毎日利用したとしても月々の支払額は5千円以内。高額所得の家庭でも2万円前後。低所得の家庭においては無償でサービスが受けられます。でも、一応手渡される月々の利用金額明細書には、週2日利用の場合でも20万円近い金額が提示されています。

この差額は、都道府県内に設けられた各自治体等が負担して事業者に支払われます。だから新規参入のでまだまだ空きのある事業所は「利用額は一定なのだから、もっと利用してくださいよ!」と強気で攻め立ててきます。

バックに福祉法人さえ付いていない、全く無関係の業界からの新規参入も増え始めています。全く畑違いの人達が大きく勘違いしているのは「障がい児を抱えて大変なんだろう?預かってほしいんだろう?楽したいんだろう?」ということです。実際に口に出さなくても、このような考えが心の中にあることが滲み出ていることはすぐにわかります。

金儲け目的で乱立するデイサービス。生き場のない障がい児や高齢者を抱えた家族の足元を見るような面談時の態度。そんな強気な態度とは裏腹に、実際に障がい児を目の前にして、どうしていいのかわからずウロたえるド素人のスタッフ達。そんな姿を見てしまったら、恐ろしくてとても大事な子供を預ける事など出来ませんでした。

預け場所が増えることは有り難い。でも人材の質が低下する一方で、そこに知識や資格の最低ラインが設けられていない。この恐ろしい現状が全国に広がっていくのかと思うと、恐怖感で鳥肌が立ちます。何も知らずに預けられてしまった子供達が練習台になるだけです。

言葉が通じて何でも出来る健常児を預かるのとはワケが違います。何か行政で統一したガイドラインが出来ることを望んでいる母親は少なくありません。障がい児だからこそ事故や自傷行為があった時に本人が説明出来ないのです。万が一死んでしまったら、言うまでもありません。そのような悲しい出来事が起こる前に、自由参加過ぎる現状にメスが入ることを願っています。


アメブロで人気の必読!の自閉症児育児ブログ
「すまいる♪ステップ*~自閉症児の奇跡の軌跡~*」
著者は、重度自閉症児の母 兼 カウンセラーです。
実体験と知識を織り交ぜた底力ブログが、悩めるお母さん達の疑問にお答えします!

「子供が安心して過ごせる居場所を増やしたい。決して預けて楽したいわけではない。そこが業者がわかっていない大きな勘違い」

来てくださってありがとうございます♪
皆さんのお子さんは、放課後デイを利用されていますか?
うちは数ヶ所と契約していますが、現段階では1ヶ所の放課後デイを週2日利用しています。
他には、緊急時に宿泊もOKで預けられるところと契約。
体験もしたのですが、「緊急時」と言われると、

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス