今朝(9/5)にこんなニュースが流れてきました。なんとあのゴンこと中山雅史さんが現役復帰か?というニュースです。

サッカー元日本代表で、J1最多の157得点を誇るFW中山雅史(47)がJFLのアスルクラロ沼津入りする可能性が4日、浮上した。5日に静岡県沼津市内の練習場でチームの練習に参加する。今後の選手登録もにらんだもので、J1札幌時代の12年11月24日の横浜M戦(札幌ド)以来、公式戦には出場していないが、日本で数々の金字塔を打ち立てたストライカーがピッチに帰って来る。

 ゴンが選手としてピッチに再び立つ。2012年12月の札幌(当時J1)退団から約2年9か月。JFL沼津のユニホームを着る可能性が浮上した。関係者によると、きょう5日に沼津の練習に参加し、コンディションなどをチェックする。現在無所属のため、今月19日まで今季のリーグ戦の選手登録は可能。状況が整えば、公式戦のピッチに立つこともある。公でのプレーは今年7月5日に元日本代表FW柳沢敦らの引退試合(カシマ)が最後だが、チームに所属してプレーするのは約3年ぶり。ゴンの雄姿が再び大観衆をとりこにする。

 12年末に札幌で第一線を退くことを決意したが、「引退」の2文字は使わず。会見では「会見場に来るまで、やめなくてはいけないのか、まだ続けられないのか、と思っていた。まだ未練たらたらです」と話し、選手へのこだわりはまだ捨てていない。現状に満足することなく、さらに高みを目指すという姿勢は失っていなかった。

出典 http://www.hochi.co.jp

まだ現役復帰が決定というわけではなく、JFL沼津の練習に参加するが決まったそうで、JFL沼津は今日練習があるそうですが、

練習は非公開だそうです。

非公開ですのでJFL沼津の練習場へ人が大挙して訪れたらクラブの人に迷惑をかけることになりかねませんので行かないようにしましょう。

国内のサッカー選手の現役復帰ということなら他には

オファーに驚き、

復帰はないとツイートしました。

大きな話題

このことが報道されるや大きな話題を呼びまして、日本人が大好きなTwitterでは

出典 https://twitter.com

Twitterのトレンドワード入りをしていました。

海外では

日本国内ではなく、海外ではサッカー選手の現役復帰はどうなのでしょう?それが結構な人が現役復帰をしていて、その中には驚くビッグネームもいます!
どんな選手が現役復帰をしたのか?見てみましょう。

ネスタ(元イタリア代表)

出典 http://www.soccer-king.jp

 元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタが、約1年ぶりに現役復帰することが決定した。

 インド・スーパーリーグの公式サイトは、27日にネスタがチェンナイインと正式に契約したことを発表。現在38歳の同選手は2013年11月にMLS(メジャー・リーグ・サッカー)のモントリオール・インパクトを引退して以来の復帰となる。

出典 http://www.soccer-king.jp

イタリア代表として3度のワールドカップに出場し2006ドイツワールドカップの優勝メンバー、セリエAラツィオとACミランでスクデット3回、UEFAチャンピオンズリーグのタイトルを二回獲得したネスタがインドで現役復帰をしました。

ムトゥ(元ルーマニア代表)

出典 http://www.footballchannel.jp

インド・スーパーリーグ(ISL)のプネー・シティは30日、今年1月に母親の看病を理由に現役引退した元ルーマニア代表のFWアドリアン・ムトゥ(36)がチームに加入することを発表した。

出典 http://www.footballchannel.jp

セリエAパルマやフィオレンティーナで活躍した選手ですが選手としての活躍よりもドーピング問題を筆頭に多くのスキャンダルを引き起こした方で話題になった選手です。
しかし能力は文句なしでルーマニア代表の一員として77試合35ゴールを記録したムトゥは今年の1月に現役復帰引退をしましたが、今年の7月にインドで現役復帰を果たしました。

ダミアーノ・トンマージ(元イタリア代表)

出典 http://jp.uefa.com

現在41歳の元イタリア代表MFダミアーノ・トンマージが、22日に組み合わせが決まったUEFAヨーロッパリーグ予選1回戦で現役復帰する見通しとなった。

元ASローマのトンマージは、サンマリノのSPラ・フィオリタのメンバーとして登録されており、FCファドゥーツをホームに迎える7月2日(木)の第1戦に出場する可能性がある。「自分がプレーしているところを子供たちに見せるには、いい機会だ。国際マッチでは本当に長い間プレーしていないからね」とトンマージは言う。

出典 http://jp.uefa.com

元日本代表の中田英寿さんとセリエAのASローマ時代の同僚でASローマの2000-2001セリエA優勝メンバーのダミアーノ・トンマージも今年現役復帰を果たしてUEFAヨーロッパリーグの予選に出場を果たしました。

因みに結果は

サンマリノのラ・フィオリタに所属する元イタリア代表MFトンマージ(41)が、アウェーでのファドゥーツ戦(リヒテンシュタイン)でゴールを挙げた。

出典 http://www.nikkansports.com

ラ・フィオリタはこの試合は1-5で敗れて二戦合計でも1-10で負けましたが唯一のゴールをトンマージが決めました。

フェルナルド・モリエンテス(元スペイン代表)

出典 http://www.soccer-king.jp

元スペイン代表FWで2010年に引退したフェルナンド・モリエンテス氏が、現役復帰するとスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同紙によるとモリエンテス氏は昨年の夏頃から現役復帰に意欲を示し、マドリッドにあるDAVサンタ・アナというクラブで本格的なトレーニングを開始。今年1月、同クラブの会長からのオファーに応じる形で再びピッチに立つ決断を下した。DAVサンタ・アナは、スペインリーグのカテゴリーで6部に相当するクラブで、モリエンテス氏の息子も下部組織でプレーしている。

 モリエンテス氏は、早ければ25日に行われるレクエルド戦に出場する見込みとなっている。

出典 http://www.soccer-king.jp

モリエンテスはレアル・マドリーで3度のUEFAチャンピオンズリーグを制覇し、スペイン代表のストライカーとしても活躍、スペイン代表として47試合で27得点をし1998フランスワールドカップと2002年日韓ワールドカップにスペイン代表として出場をしてるので知ってる人も多いでしょう。

リヴァウド(元ブラジル代表)

出典 http://www.soccer-king.jp

2014年3月に引退した元ブラジル代表MFリヴァウドが現役復帰することとなった。22日、リヴァウドが会長を務めるモジミリンがクラブ公式サイトで発表している。

 モジミリンは現在カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジルリーグ2部)で8試合を終えて勝利がなく最下位に沈んでいる。この状況を受け、1年3カ月ぶりに選手としてプレーする決意をしたようだ。

 現在43歳のリヴァウドは、「ずっと考えて、長所と短所を分析した結果、私は危機に直面したモジミリンを助けるためにプレーする決断をした。我々は降格するようなチームではなく、少なくとも順位表の中位を争うことができるはずだ」と、チームを救うために復帰を決めたことを明かした。

出典 http://www.soccer-king.jp

元ブラジル代表で2002年に開催された日韓W杯で優勝を経験し、バルセロナやACミランでも活躍したリヴァウドも自身が会長を務めるブラジル2部のモジミリンで現役復帰をしました。そのクラブには

モジミリンでは現在リヴァウドの息子であるリヴァウド・ジュニオールがプレーしている。現役引退前、すでに親子での共演を果たしていたが、今回の復帰で再び一緒にプレーする機会が訪れることとなった。

出典 http://www.soccer-king.jp

リヴァウドの息子も所属しており親子が同じピッチに立つ機会もあるかもしれません。

ロベルト・カルロス(元ブラジル代表)

出典 http://www.goal.com

インド・スーパーリーグ(ISL)のデリー・ダイナモスは9日、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス(42)が選手兼監督として同クラブに加入することを発表した。

インテルやレアル・マドリーなどで活躍したR・カルロスは、2012年に現役を引退してトルコで監督としてのキャリアをスタート。5日にはデリー・ダイナモスの新監督に就任することが発表されていた。

だが、歴代最高の左サイドバックとも称される男は再びスパイクを履くことも決意したようだ

出典 http://www.goal.com

先述したリヴァウドと共に日韓ワールドカップブラジル優勝メンバーでレアル・マドリーでチャンピオンズリーグを3度制覇、レアル・マドリーで最も多くの試合に出場した外国人選手でもあり、日本でも「ロベカル」の愛称で有名なロベルト・カルロスもインドで現役復帰をしました。

インドスーパーリーグにはロベルト・カルロス、上述したネスタ、ムトゥの他にも

昨シーズン所属した元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエーロに続いて、デリー・ダイナモスの"マーキープレーヤー"(スター選手)としてプレーすることになる。

出典 http://www.goal.com

元イタリア代表のデル・ピエーロもいてインドスーパーリーグは初期のJリーグ並かそれ以上のスター選手が各クラブに所属しています。

あの超大物も?

そして現役復帰を噂されてる超大物の元選手がいます。それは

ロナウド(元ブラジル代表)

出典 http://web.gekisaka.jp

2011年に現役引退を発表しましたが、今年に入って

2011年に現役引退した38歳のロナウド氏は先日、NASL(北米サッカーリーグ、アメリカ2部相当)のフォートローダーデール・ストライカーズの共同オーナーに就任。同クラブでプレーするかを問われると「簡単なことではない。ただ、サッカーを愛している。私は自分の体のことを考えて引退を決めた。それほどのけがや痛みと戦っていたんだ」とコメント。また、「試合に出場するには良い状態にならなればいけない。でも挑戦してみたい。必要とされるなら、たくさん練習するよ」と述べた。

出典 http://www.soccer-king.jp

アメリカで現役復帰を希望するコメントをして、

現在38歳のロナウド氏は先日、NASL(北米サッカーリーグ、アメリカ2部相当)のフォートローダーデール・ストライカーズの共同オーナーに就任。来年1月には同クラブで現役復帰したいという希望を既に表明していた。

 同氏は「前に言ったとおり、現役に復帰することになりそうだ。でも、かなり先のことになりそうだね。プレーオフの頃になるだろう」と、新シーズンが終盤を迎える頃を目処に復帰したいとの意思を示し、復帰に向けて厳しいダイエットが必要になるということも認めていたという。

出典 http://www.soccer-king.jp

現在のロナウド氏は

出典 http://www.soccer-king.jp

こんな体型ですので現役復帰をするならばダイエットは必須ということです。しかし先ほど現役復帰をしたと紹介したリヴァウドやロベルト・カルロスと一緒に日韓ワールドカップを制覇し、インテル、レアル・マドリーで活躍、バロンドールを二度受賞したロナウド氏が現役復帰をしたら世界中で大きな話題となるでしょう。

ゴン中山は現時点で現役復帰をするかどうかは不明ですが世界中でこれだけのビッグネームが現役復帰をしています。サッカーへの情熱をまだまだ失っていないのでしょう。全盛期のプレーはできなくてもテクニックは錆びつかないのは日本人ならJリーグでプレーした時のジーコを見ていたからわかります。

現役復帰をした選手は世界中を熱狂させたきっとテクニックで若い選手に教育し観客を魅了するでしょう。

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス