なんとなく敷居が高そうなおやつ作り…でもおいしいかぼちゃプリンをたくさん頬張ってみたい!材料もあんまり高くない感じで!というわけで作ってみました。オーブンレンジを使用しましたが「ミキサー(フードプロセッサー)不要・本気裏ごし不要・生クリーム不要」です!意外になめらかでおいしくできますよ。余暇にぜひ!材料もお手頃な量です。
手順には初心者(筆者)が作った時に思ったこともいちいち書いてあります。
所要時間:約1時間~(冷やす時間は含みません)

材料◆(深さ6cm、長さ22cmのパウンド型1個分)

・かぼちゃ…1/4個(よくこのサイズで売っているので)
・砂糖…35g
・卵…2個
・牛乳…200cc
・バニラエッセンス…3滴くらい
※かぼちゃはできれば重い物を選んでください、種を取り除くとけっこう軽くなってしまいます。種をとったら200gくらいあればいいな~という重さのを買いました。

(カラメルソース)
・砂糖…50g
・水…大さじ3
・お湯…大さじ3(他にも使うので多めにわかしておくと良いです)

(お好みで)
・アイスクリーム(バニラか抹茶がおすすめ)…適量

手順1★カラメルソース作り

小鍋か小さ目のフライパンに砂糖と水を入れ、弱火~中火で熱します。たまにゆするくらいで、特にかきまぜたりしなくても大丈夫です。じっと待っているとしだいに茶色っぽくなってきます。これはまだ金色。もう少し茶色くなったらお湯を入れてぐるっとなじませ、すぐパウンド型に入れます。

金色からはすぐ茶色になるので注意です!これはちょっとあやうい色です。火を止めてお湯を入れます。ちなみに思い切りバチバチっとはねるので覚悟しましょう。焦らずにフライパンを回してお湯となじませ、型に流し入れます。

無事にパウンド型に流し入れました。いい感じです。

手順2:かぼちゃの準備

・かぼちゃのワタ(種とふわふわしたところ)をスプーンでくり抜きます。
・ラップをしてレンジで3分程度加熱して切りやすくします。熱いので注意!お使いのレンジによって差が出ると思いますが、包丁が入りやすい感じになれば大丈夫です。
・ひとくち大にカットして、皮をむきます。先にカットしてからこうして包丁を入れると皮がきれいに削れますよ。

耐熱容器(普通のお皿を使いました)に乗せて、砂糖をかけ、ラップをしてさらにレンジで2~3分加熱します。さっきよりもう少しやわらかくするためです。
加熱している間に、卵をよく溶いて準備しておきます。

手順3:かぼちゃの準備2

・ボウルに先ほどのかぼちゃを入れます。
・ほんとは裏ごしするのがベストですが、そんな道具はないのでヘラですりつぶすようになめらかにしました。かぼちゃが熱いうちに作業しましょう!

・よく溶いた卵を何回かに分けて加え、そのたびに泡立て器でよくかき混ぜます。
・裏ごししない分、この作業に愛をこめてきっちりかき混ぜます。
・肩に無駄な力が入ったり息を止めがちなのでちゃんと呼吸しましょう。

オーブンレンジが空いたので、このあたりでオーブンを170度に余熱を始めます。

手順4:いよいよプリン液らしくなっていきます

・牛乳を小鍋に入れて火にかけます。沸騰寸前まで温めます。
・牛乳のふちにふつふつと小さな泡が出てくるくらいです。
・バニラエッセンスを入れます。

かぼちゃが入っているボウルに牛乳を少しずつ入れ、そのたびにしっかり泡立て器でかきまぜます。ここでしっかりなめらかにしておきましょう。

・こして型に入れるのがベストですが、そんな道具はないので、「いったん小鍋にうつす→こしたことになるような調理器具(穴あきおたま)を通してボウルにうつす」という荒業をしました。
・器具に残ったかぼちゃのカタマリも結局入れてしまうのですが、卵白的なものがこされてればいいかな的な発想です。
・気持ちなめらかになったら、パウンド型に流し入れます
入れる際にカラメル液と混ざって「キャー!?」となりますが大丈夫です。大丈夫です。

手順5:加熱!

・プリン液の入ったパウンド型を天板に置き、お湯を張ります。
(このお湯はカラメル作りに使ったお湯の残りを使いました)
・170度のオーブンで30~40分!

手順6:焼きあがりました

・つまようじか竹串で真ん中らへんを刺してみて、焼き具合を確かめます。ケーキではなくプリンなので、カサカサになってなくて大丈夫!30分加熱してなんとなく不安だったので、このあともう少しだけ加熱しました。
・天板のお湯を捨て、代わりにお水や氷を入れて型の周囲を冷やします。(加熱しすぎを防ぐためです)
・粗熱がとれたら冷蔵庫へ。

手順7:完成!

・夜に作って一晩寝かせたら、翌朝にはしっかり完成していました!
・日中に作った場合は、しっかり冷えるまで待つと良いと思います。
・ゴムベラで周囲に切り込みを入れる感じで、食べる分だけすくい取りました。

アイスを添えるとおいしいです

・裏ごししてないのにけっこうなめらか!自分で作ったのでしみじみおいしいです。
・アイスクリームを添えるとよりおいしく楽しくいただけます。
・できたてよりも、冷蔵庫で冷やしてどっしりしてきたときが食べごろです。
・パウンド型1個分をひとりじめしても良いのですが、家族で少しずつ取り分けて食べたり、2人で半分こして食べたりももちろん可能です。

初めてのかぼちゃプリン、おいしくできて満足です!ポイントは裏ごししないかわりに丁寧にすりつぶしたり混ぜたりしたからでしょうか。材料をご覧になればわかるように、かぼちゃ(とバニラエッセンス)さえ買ってくればあとは家にある材料で作れます。かぼちゃ料理が食べたくなったら、秋の夜長にぜひお菓子作りをしてみてくださいね♪

See you!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス