出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
夏に頭痛がすると「熱中症かな?」と考えるかたも多いのでは? 熱中症なのか、他の病気なのか……夏場の頭痛をどう判断すれば良いのか、詳しい話を医師に聞いてみました。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

頭痛は熱中症の一症状ではあります。 しかし頭痛はほかにもいろんな原因で、夏だけではなく一年中起こります。

【夏の頭痛の原因】
・夏風邪
・肩こり(緊張型頭痛)
・緑内障
・副鼻腔炎
・偏頭痛
・くも膜下出血
など

このように頭痛には多種多様な原因があります。ですから、夏の頭痛、イコール熱中症という判断はできないことがわかります。

≪その頭痛、偏頭痛どうか1分で簡単チェックしてみませんか?≫
1分で簡単チェック【偏頭痛度】を診断してみる

初期の熱中症

出典 http://www.gettyimages.co.jp

それでは、熱中症の場合、頭痛以外にどんな症状が出るのでしょうか?

【初期の軽い熱中症の症状】
・大量の発汗
・あくび
・筋肉痛
・足などの筋肉がつる(こむら返り)

これらの症状がある場合、軽い熱中症の可能性が高くなるので、判断の参考にしてみてください。
これらの症状のみの場合は、涼しいところに移動し、安静にして、スポーツドリンクや経口補水液などで、水分と塩分をしっかり摂り、様子を見ましょう。

「要入院!」の熱中症

出典 http://www.gettyimages.co.jp

熱中症で、自分で対処できるのは一番軽い段階まで。それ以上の状態になったら、原則として入院での治療が必要です。

【第二段階の熱中症】
・頭痛
・嘔吐(食べ物などを吐いてしまう)
・だるさ、力の入らない感じ
・集中力や判断力の低下

軽い熱中症同様、涼しいところでの安静と、十分な水分と塩分の補給をします。もし水分や塩分を口から摂るのが難しければ、点滴で補液します。体温の管理も必要ですので、受診し、病院で処置を受けましょう。

【第三段階の熱中症】
・意識障害
・平衡感覚の障害
・けいれん
・肝機能障害、腎機能障害、血液凝固障害による多臓器の障害

この段階では、入院のうえ集中治療が必要となります。皮膚を濡らし風を当てて体表から冷まし、温度を低めにした点滴で体の中からも体温を冷まします。さらに呼吸機能や循環器の機能、各臓器障害や血液障害の集中治療を行います。

汗もかかず、熱がなければ熱中症じゃないの?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

熱中症であっても発汗や発熱が見られないこともあります。そのため暑さ・発汗の自覚がなくても、夏場、頭痛が起きたら、まず涼しいところに移動し、水分と塩分をしっかり摂ったほうがよいでしょう。

ただし最初にお伝えしたように、頭痛の原因は多様にありますので、安易な自己判断は危険です。医師の総合的な判断が必要です。

≪熱中症以外でも、汗のかきすぎは危険な兆候かも?≫
▶1分で簡単チェック【多汗症度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

熱中症で、ご自身で対処できるのは一番軽い段階までです。それ以上の症状に該当するものがあれば医療機関で見ていただくことが大事ですね。

頭痛の原因は多く、風邪でも頭痛は起きますが、頭が割れるような、これまで感じたことがないような激しい痛みが突然発症する場合は、すぐに脳神経外科での受診が必要です。くも膜下出血の可能性があります。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス