出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
ただ今絶賛ダイエット中!だけど小腹が空いて我慢ができない…そんな時、"間食"にみなさんはどのようなものを食べていますか?
アンケートサイト「みんなの声」のアンケート結果によると、下記のような結果がでています。

【ダイエット中の間食によく食べるのは?】

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

この結果の真意について、医師に聞いてみました。

Q1 寒天・ゼリーは間食として最適な食べ物なのでしょうか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ダイエット中の間食によく食べるものとして、寒天やゼリーが上がりましたが、これは間食としてまずまず適していると思います。

ダイエット中の間食に重要なのは、カロリーを摂取することなく、胃を膨らませることです。その点で、寒天やゼリーは、体積が大きいですので、胃を膨らませることに効果的と思われます。
また、よくかんで食べることで、満腹中枢を刺激することも出来ます。ただ、砂糖などの甘味料が入っていないものを選んで下さい。

Q2 上手な間食の仕方を教えてください。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

上手な間食の仕方としては、カロリーを取らずに満腹中枢を刺激することが大事ですので、一つは、胃の中にある程度の体積のものを入れること、更には、よく噛むことで、満腹中枢に信号を与えることが必要です。つまり、水を沢山飲んで、胃を膨らませても、満腹にはならないのですね。

そして、間食の時間も大事です。通常の食事から3〜4時間で胃の中が空になりますので、その時間を見計らって、何か間食すると良いと言われています。

≪いつまでもダイエットの効果が出ないのは生活習慣のせいかも…≫
1分で簡単チェック【痩せない生活習慣度】を診断してみる

Q3 間食に食べるものとしておすすめする食べ物は?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

医学的に間食として勧められるものとしては、今回のアンケートで上がった、寒天やゼリーがまず上げられます。その妥当性は先ほどお話しした通りです。更には、クッキーなども効果的です。これらは、噛むことが必要なのに加え、胃の中で水分を吸収して膨張することがその理由です。

最近は、ダイエット食品としての低カロリークッキーの販売もされていますので、寒天やゼリーだけで飽きることがないように、これらも使ってみてはいかがでしょうか?

Q4 間食には不向きな食べ物は?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

間食には不向きなものとしては、もちろん、カロリーが高いものが挙げられます。チョコレートやジュースなどのおやつは、全くもって間食としては成立しません。あるいは、消化吸収がはやく、腹持ちが悪いものも空腹の誘惑に勝つための間食としては、効果がないと思います。

具体的にはヨーグルトやチーズなどの乳製品は、カロリーが高く、吸収も良いため、ダイエット中には適したものとはいえません。マシュマロやバナナ、など以前流行った食品も、同様と言えるでしょう。

Q5 できるだけ間食しないようにするには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

間食をしないためには、空腹を感じないようにすることが大事です。どういうときに空腹を感じるかというと、副交感神経が有意の時、つまり、気持ちがリラックスしているときです。仕事がとても忙しいとき、などは、交感神経優位ですので、空腹を感じることが少ないと言われています。元々、戦いの時に重要な神経ですので、空腹を感じている暇がありません。

何か、熱中できる趣味があれば、それも同様の神経状態になりますので、ダイエットには効果的かも知れません。

≪ダイエットで気を張り詰め過ぎも禁物!心が疲れているかも…≫
1分で簡単チェック【心のお疲れ度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

間食に適している食材をいくつか紹介しましたが、適しているからといって、食べ過ぎはよくありませんので、間食の回数、量には注意しましょう。また、過度なダイエットなどはせず、無理せず健康的にダイエットする方法を心がけるようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス