南房総で「キョン」が大繁殖中で、農作物を食い荒らすなど被害が深刻になっているようです。このニュースを聞いた人達が「キョン」ってあの「キョン」?とそれぞれ違う想像をしているのがTwitterで話題になっています。

『涼宮ハルヒ』の主人公・キョン

イメージ画像つくっちゃったし。

完全にこの人も勘違いしてるでしょ。

「キョン」で画像検索すると彼がたくさん出てきます…。

『がきデカ』の「八丈島のきょん!」

「死刑!」のポーズでおなじみのお下品『がきデカ』を思い出すちょい年上の方も。

『ハルヒ』か『がきデカ』かで世代がわかりますね…

今回の「キョン」はコレです

か、かわいいキョン!

 キョンは中国南東部や台湾などに分布する小型のシカで、体高は40~50cm程度しかない。体が小さいので、成獣でも一見してニホンジカの子どものようにも見える。

出典 http://www.pz-garden.stardust31.com

鳴き声はイヌに似た大きな声で、ヒョウやウンピョウ、トラなどの外敵に出会ったときや、驚いたりして走り出すときには、ひづめで特殊な音を立てて仲間に警告する。
動きは素早く、身軽に草原や叢林を駆けることが出来る。

出典 http://www.pz-garden.stardust31.com

こんなかわいい姿なのに、鳴き声はイヌ!

千葉県では数年前から問題になっていた…

推定生息数は2007年度の約3400頭に対し、14年度末で10倍超の約4万700頭に上っている。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

1980年代に勝浦市の動植物園「行川(なめがわ)アイランド」から脱走して以来、「キョン」はその数を増やしているそうです。

出典 YouTube

今回ニュースになっている地域と思われる場所で撮影された「キョン」の姿。ワナに気づいたのか?かなり警戒心が強いようです。かわいらしいですけど、農作物を荒らされてしまう農家の人々にとっては迷惑な動物。現在は、鳥獣保護法で狩猟は禁止されており、こうしてワナを使って捕獲しようとしているそうです。

県は今年度から市町村に対し、捕獲費の半額を上限に補助している。鳥獣保護法では、狩猟鳥獣に指定されていないため、狩猟ができないのが現状で、ワナを使った捕獲が中心となっている。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

駆除するだけでなく、食用にしてみては?の声も

ちなみに、この「キョン」ですがシカなので、肉が食用になります。詳しい店名などは不明ですが、千葉県のイタリア料理店で食べたという人の声も発見しました。

千葉県内のイタリア料理店で先日、キョンの肉の炭火焼を供された。
(中略)
キョンが有害鳥獣とは知っていたが、まさか食用になるとは思わなかった。お味はというと、同じ鹿でも日本鹿などとはだいぶ違い、どちらかというと鶏肉のような軽い肉質。臭みやクセがほとんどなく、食べやすい。鹿肉をイメージしていたので、ちょっと意外な感じだった。料理店のスタッフに聞くと、箱罠で捕ったものとのこと

出典 http://www.k-times.com

気になるお味は、「同じ鹿でも日本鹿などとはだいぶ違い、どちらかというと鶏肉のような軽い肉質」とのこと。中国料理の材料にもなっているそうです。

「安いシカ肉として」売ってくれないかな、という声も。単に駆除するだけでなく、美味しく食べてあげた方がいいのかもしれませんね。

また斜め後ろからというナイスアングルだキョン。

この記事を書いたユーザー

yummiest このユーザーの他の記事を見る

最新グルメ、アクアエクササイズ・プチプラファッション・ホロスコープなどを日々調査してます。転職サイトや、編プロ、電子書籍ストアの編集・ライター経験あり。ユニークな活動を行う団体や個人の発掘、支援ができるライターを目指しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス