記事提供:鈴木おさむオフィシャルブログ

眠るのに一押しのテクニック。

額から鼻、あるあるなんですね。そして、ティッシュを使った技を提案してくれた人も多かった。

ティッシュでおでこから鼻、下まで。いろいろやり方はあるみたいですが、是非、息子に試してみたいと思います。

そして。昨日、息子が声を出してはっきりと笑いました。笑ったかな~という時はあったけど。

昨日、ちゃんと声を出して、はっきりと何度か笑いました。笑ったきっかけは、僕が、息子の顔に向かって、舌をパコンと鳴らしたらちょっと反応したので、お!?と思って何度も何度もやってみたら、声を出して笑いました。

そのまま続けていたら、「ギャハハハハ」と声を出して何度も笑ったのです。そのままやっていたら、さすが43歳、息が切れて、かなり疲れるという事態になりましたが。

やはりね、笑福、という名前を付けているので。笑った瞬間、とてもとてもとても嬉しかったです。

僕は、子供が産まれる前って、赤ちゃんは産まれてすぐに笑ったりするのかと思っていたのですが…

まず笑顔を見せるまで時間がかかり、そして声を出して笑うまでにさらに時間がかかることを初めて知りまして。

だから、昨日の、笑福の笑い声は、嬉しかったな。沢山沢山笑って生きてほしいと思っていて。笑い顔、笑い声が気持ちいい人っていますよね。その人の笑い声聞いてたら、自分も笑えてくる。

息子、笑福にも、沢山笑って、気持ちいい笑い声な人になってほしいなと思います。

笑う。子供の頃って思い返すとめちゃくちゃ笑ってた気がします。大人になると、笑っているんでしょうけど、子供の時に比べると、笑ってる回数って減ってる気がします。

僕は。30歳で妻と結婚して。妻のおかげで結婚してからも沢山笑っています。

なんだろう。結婚して妻と一緒になってから、笑う種類が増えた気がします。

写真は、ちょい前の写真。家に帰ってきて、寝室に行くと、この寝顔があって、思わず笑ってしまう。

気持ちよさそうに寝ている。寝顔を見るだけでちょっと笑ってしまう。そんな笑いは結婚前の自分にはなく。

そういう種類の笑い。そういうことが増えるって、すごくありがたいんですよね。そしてこの寝顔、笑福の寝顔にめちゃくちゃ似てるなと思い。

今日は聞きます。お子さんが、初めて声を出して笑った時って覚えてますか??

どんな瞬間でしたか?なにで笑いましたか?教えてください!!

そして。本「妊活ダイアリー from ブス恋」は来週発売。そのサイン会は来週土曜日9月12日に池袋にて。僕は来てくれた方とちょっとずつですがお話するのが好きなので、聞きたいこと聞いてくださいね。

是非、ご予約を!

そしてそして。今日は9月3日。僕は中目黒にある「ちゃんこ屋 鈴木ちゃん」というお店のオーナーをやっています。

その店が今日は3周年を迎えます。元々飲食業に興味なかった僕が、元力士の人たちに出会い、なんか応援したくなり、お店のオーナーになってしまいました。うちのお店は、辞めた力士、辞めた芸人などがスタッフとして働いています。

力士で強くなりたい、芸人として売れたい、そんな夢を持って走り続けてた彼らが、その夢を諦め、うちの店をやっています。夢を諦めたからと言って人生がつまらないわけではない。その夢を諦めたら、また次の夢を持てばいい。

夢というと、なんか、大人になってなに言ってるんだ!と思う人もいると思いますが、つまりは、自分の温度が上がること。自分のテンション上がること。ですね。その温度を持って日々生き続けられること。

うちのちゃんこ屋で働く人たちには、うちの店で働きながら、夢を探したり見つけたりしてほしいなと思ってます。これからももっといい店になりますように。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス