記事提供:CuRAZY

ボールを126.5メートルの高さから回転をかけて落としたら、驚きの結果に

海外で、ある実験動画が話題になっています。

その実験とは、「重さ650gのバスケットボールにバックスピンをかけて、高さ126.5メートルの高さから落としたらどうなるか」というもの。

出典 https://www.youtube.com

今回の実験を行ったのは、日常の不思議な現象を科学知識で解説するYouTubeの人気のサイエンスチャンネル『Veritasium』のメンバー。

まず、実験の最初にそのままバスケットボールを落としてみます。

もちろん、風などの影響で多少動きますが、そのまま地上に落下します

それでは次に、バスケットボールにバックスピンをかけてみます。

すると…

出典 YouTube

この現象の正体は「マグヌス効果」と言われるもの

みなさんは、野球やサッカー、テニスなどによくある「変化球」を知っていますか。この変化は、今回の実験のバスケットボールと同じ「マグヌス効果」によるものです。

マグヌス効果とは、「液体や気体中で回転する円柱、または球に力がはたらく物理学の現象」だといいます。

今回のバスケットボールを例にとると、バックスピンをかけたボール(球)が回転しながら落ちているとき、その回転に周囲の空気が引きずられるため、 引きずられた「空気が流れ込む側の流体の速度が大きくなる」ことによって変化したと言うことになります。

少し難しい話になりましたが、この実験は意外と知らない「ボールの変化の秘密」を解説したものでした。

今度球技を見るときは、少し意識すると面白いかもしれませんね。

出典:iflscience

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス