夕食の買い出しにスーパーへやって来たあなた。「今夜の献立、どうしよう?“白身のお魚”を使った料理にしようかな…」と考えたとき、どんな点に注目してお魚を選んでいますか?

白身のお魚といえば、タイやタラ、ヒラメなどをイメージする方が多いかと思いますが、安価なものからちょっと値が張るものまで、品種もさまざまですよね。

お値段が安いのに越した事ないけど、おいしさも品質も妥協したくない!

出典 http://www.shutterstock.com

「生もの」だけに安価すぎるのは味や品質面が不安…。でも、おいしくて安全で、料理をする人も手抜きでカンタンなのに、“ごちそう”と思ってもらえたらベストですよね?

それなら、お近くのイオンに良い感じな“白身のお魚”があるんです!!

その名は、骨取り・皮なし白身魚“パンガシウス”♡

“パンガシウス”は、2015年6月より総合スーパー「イオン」店頭で販売されているASC認証(※1)取得の白身のお魚です。

「切り身」のほか「ムニエル香味」「バジルソース」などで下ごしらえした商品が展開されており、パンガシウスの販売において国内ではイオンがシェア率No.1です!

お値段は同じ白身のタラと比べて30%割安!1人あたり100円以下(※2)で収まる計算に。

同じ白身魚のタラと比べると、おおよそ30%割安!たとえば、ご家族4名様のお宅で、パンガシウス(バジルソース)2枚398円(税込)を購入した場合でも、1人あたり100円以下(※2)で収まっちゃうのでおサイフも大喜び♪(↓下記は参考価格)

■パンガシウス フィレ(養殖)100g 138円~158円

■トップバリュ ASC認証白身魚(パンガシウス)バジルソース 2枚398円(税込)

■トップバリュ ASC認証白身魚(パンガシウス)ムニエル香味 2枚398円(税込)

上品で淡白なお味、まるで“うなぎ”の様なふっくら食感♪

パンガシウスはクセもなく淡白な味わい、和洋さまざまなアレンジが可能なので調理イメージとしては、同じ白身のタラみたくソテーやムニエル、煮つけになどもオススメ。

それでは、パンガシウスを使った“絶品・時短”レシピ5選をご紹介します。さっそく今日からのお献立に取り入れてみて下さいね!

1. フライパンでさっとソテーするだけで超美味♪「パンガシウスのバターポン酢ソテー」

【材料】
パンガシウス 1枚、ブロッコリー、にんじん、レモン、北海道バター1枚(10g)、味付けポン酢、塩、胡椒、小麦粉

【手順】
1. パンガシウスを3cm幅に切る。軽く塩胡椒をし、小麦粉をまぶします。

2. ブロッコリー、にんじんを塩ゆでにして、レモンをくし形に切ります。

3. フライパンに油をひいて、次にパンガシウスの両面をこんがり焼きます。

4.仕上げにバターを入れ、ポン酢で味を調え、2の野菜も戻してさっと和えて出来上がり♪

2. 手抜きなのに本格フレンチ♪「パンガシウスのムニエル ごろごろトマトソース」

【材料】
パンガシウス 1枚、玉ねぎ 1/4個、 トマト 中1個、 大葉 5枚、エキストラオリーブ バージンオイル 大さじ1、塩 、胡椒、小麦粉

【手順】
1. パンガシウスに軽く塩胡椒をし、小麦粉をまぶします。

2. トマトを1cm角、玉葱、荒微塵にし、オリーブオイルで炒め、塩、胡椒で味を調えます。

3. フライパンに油をひいて、パンガシウスの両面をこんがり焼きます。

4. お皿に盛ったパンガにトマトソースを掛け、千切りにした青しそをのせて出来上がり♪

3. おうちでバル気分♡「パンガシウスとマッシュルームのアヒージョ」

【材料】
パンガシウス 1枚、マッシュルーム 5個、ドライトマト 1個、ガーリック 1g、オリーブ 2個、エキストラオリーブ バージンオイル、大さじ1、塩、胡椒、小麦粉

【手順】
1. パンガシウス、マッシュルームを一口大に切ります。

2. ニンニク、ドライトマトとパンガシウス、マッシュルームを耐熱皿にいれ、オリーブオイル、塩胡椒を入れます。(※アヒージョの素を使用する場合は、塩胡椒を入れず、ここで入れます)。

3. ラップをして、レンジで加熱(500W-3~5分)して出来上がり。※小鍋に入れて、ガス台でも簡単に出来ます!

4. コレはもはや“うなぎ”の食感♪「パンガシウスの蒲焼き」

【材料】
パンガシウス 1枚、小麦粉 適宜、サラダ油 大2、醤油 大4、酒 大2、砂糖 大2、みりん 大2

【手順】
1. パンガシウスの表面の水気をよくとって、表面に小麦粉をまぶします。

2. 小鍋に調味料を入れ、半量くらいまで煮詰めます。

3. フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱しパンガシウスを入れる。両面に香ばしい焼き色が付くまで焼きます。

4. 2のタレをパンガシウスに絡ませて出来上がり。好みで粉山椒を振り掛けるのもあり♪

5. 子どものおやつ、パパの晩酌のお供にもピッタリ!「パンガシウスのサクサクフリット」

【材料】
パンガシウス 2切れ、塩 少々、こしょう 少々
A(衣部分):ホットケーキミックス 100g、卵 1/2個、水 70cc

じゃがいも(皮つきのまま4等分に切る) 2個、揚げ油 適量、塩 少々、粗びき黒こしょう 少々、パセリ 適宜、レモン(くし型を半分に切る) 1/4切

【手順】
1. パンガシウスは一口大に切り、塩、こしょうをする。

2. A(衣部分)は合わせておきます。

3. 1のパンガシウスに2の衣をつけて180℃の油で揚げる。じゃがいもは素揚げにして、塩、粗びき黒こしょうをする。

4. 器に盛り、パセリ、レモンを添えて出来上がりです。

揚げるだけで、おやつやおつまみ、お弁当のおかずの主役に早変わり。↓下記のように彩りを工夫してみるのもステキですね♪

いかがでしたか?低コストで時短ながらも、おいしさもバッチリなパンガシウスを使ったお料理のご紹介でした。夕食におやつにランチにと、どんどん取り入れてみましょう!

パンガシウスは、ASC認証(※1)を取得しており、食べるひとにも環境にも優しいお魚です。

ASC認証とは、“責任ある養殖により生産された水産物”のみに与えられる、言ってみれば「安心で安全なお魚」であることの証明のようなものです。

乱獲や違法漁業ではなく、海の環境に配慮して漁獲、養殖されたパンガシウスは、水質や養分放出の厳しいモニタリングを行うなど、徹底した養殖場の管理下で大切に育てられます。

そこで成魚となった後に、生きたまま加工場まで輸送し加工から冷凍までを1か所で行うサイクルにすることで、淡水魚特有の臭みもなく「ふっくら♡」とした食感になっていくのです。

「水産物を安全に育てよう!」とする環境づくりの精神が、結果的に安全かつおいしさの両方を併せ持ったお魚を提供できることに繋がっていくのですね…。

↑こちらがASC認証マークです。お買い求めの際にはチェックしてみてくださいね!

骨も皮もなく食べやすいので、小さなお子様やご年配の方も安心です。

ご家族に小さなお子さまやおじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃる場合、魚料理を出す時に「骨が喉につかえたりしないか」って心配になりますよね?

その都度に骨を抜く作業はたいへんですが、パンガシウスは最初から骨も皮もないので下処理いらず、余計な生ゴミを出さないのって嬉しいですよね!

聞き慣れなかった“パンガシウス”、おぼえて頂けましたか?でも、実は普段から親しみ深い食材なのです♡

意外に思われるかもしれませんが、パンガシウスは「ナマズ」の一種で、欧米では白身のお魚の定番として「フィッシュ&チップス」「フィッシュバーガー」の具材などで親しまれています。

日本でも、お弁当屋さんの定番の惣菜「白身魚のフライ」などで使用されることが多く、私たちの食卓にとても身近な存在なのです。

現在、世界規模で繁殖環境への取り組みが前進しており、今後ますます、食卓に彩りと笑顔を添えてくれるポピュラーな食材になっていくことでしょう。

パンガシウスのような、おいしくて安全、いつでも低価格で食べられるような食品がもっともっと増えていってくれるといいですよね!

(※1)ASC:水産物養殖管理協議会)とは、環境、地域社会、人権にも配慮している「責任ある養殖水産物」の普及を通じ、養殖産業を持続可能なものに変革することを目的とした団体です。パンガシウスのほかに現在、12品目の養殖水産物がASC認証の対象となっています。

(※2)価格表記は、株式会社イオンリテール発表によるもので、地域や時期によって変動する可能性がありますので、詳細はお問い合わせ下さい。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス