「ケイ素」って知っていますか?
海外セレブから火がつき、美容・健康維持に欠かせない成分として話題です。

でも、「ケイ素」って聞きなれないですよね。

ケイ素って何?

天然に存在する人体の組織と組織をつなげる役割のあるコラーゲンを強くする元素
非金属元素。
加齢とともに減少し、抜け毛や肌のタルミが起きるほか、動脈硬化などの病気を引き起こす要因にもなるのだとか。

美や健康と関係の深い成分のひとつに「シリカ」があって、本来私たちが生まれたときから体内にある必須ミネラルなのですが、加齢とともに減少することがわかっています。
この「シリカ」には「ケイ素」が多く含まれているそう。

肌・髪にはもちろんのこと、カラダの内部である血管や骨を健康に保つために必要とされている成分です。

海外セレブから火がついた「ケイ素」ブーム

海外セレブたちは、水から「ケイ素」を意識的に摂っている人も少なくないよう。
ミランダ・カーやキャメロン・ディアス、シンディ・クロフォードはケイ素が豊富に含まれるミネラルウォーターを愛飲している姿がたびたびパパラッチされています。

やっぱりセレブともなると、水に含まれる成分も意識してチョイスしているのかもしれません。

どうやら、セレブ達の美の秘密には「ケイ素」も大きく関係していそうですね?

食生活で補うには?

そこで、ケイ素を積極的に摂ろう!という話になるのですが、いったいどのくらいの量を食べれば効果的にケイ素を補えるのでしょうか。

成人が1日に必要とするケイ素は9mgほど。ケイ素を多く含む食品には、わかめの茎、アサリ、昆布、大豆、ごぼう、玄米等があります。
その中でもわかめのケイ素の含有量は、4.8mg/100gと特に多いのですが、9mg摂取するには、200gも食べなければいけないという事になります。食

出典 http://www.bibeaute.com

うわっ。こんなに大量に食べないと、追いつかないんですね…。

毎日、定期的にケイ素を摂取するのは意外と大変なことのよう。
それでも、意識的に200gの食品を継続することができれば、ケイ素不足を補うことができそうです。

セレブのような美貌や健康をゲットする道のりは遠い…!?

サプリで補う方法もある!

最近では、ケイ素をサプリで補う方法も浸透しつつあるよう。
「シリカ」として売られているサプリのほかに、「ケイ素」に注目してつくられている製品も。

でも、手軽さが売りのサプリを選ぶときには、含まれている成分をよく確認しなくてはなりません。

含まれる成分はまちまちですから、天然成分でつくられているほうが安心できる人もいるのでは?
ケミカルな成分のほうが効く!という人もいますし、自分のカラダに合ったサプリを選びましょう。

たとえば、ゼオライト(zeolite)という天然の鉱物は、アルカリ金属・アルカリ土類金属を含み、水分子を結晶水として構造中に取り込んだ含水ケイ酸塩鉱物として、サプリにも使われているそう。
これは、「ケイ酸塩」とよばれる、ケイ素と酸素が網目状に連なった構造をしているアルカリ性のミネラルなのだそうです。

ケミカル成分と天然成分の中身をよく確認して、サプリを選びたいですね。

いかがですか?

海外セレブのように健康的でセクシーなカラダを維持するために、ケイ素は必要不可欠な成分といえそう。
でも、なかなか意識的に摂っている人ってまだ、少ないですよね。

加齢とともに衰えを感じている人は、ケイ素を意識的に摂取するといいかもしれません。

この記事を書いたユーザー

黄緑きいろ このユーザーの他の記事を見る

Spotlight、by.Sでコラムを掲載するライター。コスメ大好き!お買い物大好き!ひとと会うのが大好き!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス