ビジネスマンの皆さん、大事なプレゼン前や取引先との商談中に冷や汗もののピンチ体験をしたことはありませんか?

今回は、ビジネスマンにありがちな冷や汗シチュエーションとその対処法を紹介します。

アポ中、派手にお腹が鳴った…

忙しいビジネスマンにとって、お昼時の商談や昼食をとる時間もないままのアポイントメントは日常茶飯事。大切な取引先との打ち合わせ中に、派手にお腹を鳴らしてしまった…という経験がある人もいるでしょう。

そんな時は、わざとらしい咳払いやガタガタと椅子を引くなどの行為よりも、素直に「大変失礼いたしました」と涼しい顔で謝るのが一番です。

もし場の雰囲気で可能そうであれば、「お腹の虫も“いいね”と申しております」などスマートなジョークに変えてしまうと、逆に好感度があがるかもしれません。

ファイル作成中、“保存”前にパソコンが落ちた…

大きなプレゼンを控えた前日は、資料作成が深夜に及ぶこともしばしば。深夜作業ともなると焦りと睡魔で判断力が鈍り、完成間近の資料を保存せずに終了しまった…という“この世の終わり”にも似た冷や汗シチュエーションに陥りがちです。

そういう事態を招かないためにも、資料の重要度にかかわらず、常日頃からこまめな「Control(※MacはCommand)+S」を癖づけることが何よりです。

また、パソコンがフリーズし、無念の強制終了を余儀なくされた場合に備えて、自動バックアップ(回復用データの自動保存)の間隔を短めに設定しておくのもショック軽減の一助となります。

いざプレゼンへ!と思ったら、出力忘れや致命的なミス発覚…

ビジネスシーンでもっともあるある、かつ、もっとも冷や汗なシチュエーションといえば、大事なプレゼン資料を出力し忘れて出先への移動手段に乗り込んでしまった、出かける直前に会社のコピー機トラブルで出力できなかった、商談先到着目前で資料に致命的なミスを発見した…という事態でしょうか。

まさに焦りと冷や汗の極み!いま思い出しても冷や汗もの…こんな経験を二度と繰り返さないためにも、やはり事前の防御策が必須です。

冷や汗経験をしたくないビジネスマンの皆さんに心底(いますぐにでも)おすすめしたいのが、「ネットプリント」の事前登録とアプリのダウンロード。「ネットプリント」は、日本で一番店舗数の多いセブン‐イレブンのマルチコピー機でいつでもプリント・出力ができるサービスで、プレゼン資料などの文書のほか、写真もプリントできる頼もしいビジネスツールなのです。

実際、「ネットプリント」に登録&アプリをダウンロードしておいたおかげで、冷や汗シチュエーションを乗り切ったというビジネスマンの証言をいくつか紹介します。

最終の2社コンペという、これまでのキャリアの中でも一世一代の大プレゼンの日、準備万端で早めに取引先に着き、ロビーで資料をチェックしながらシミュレーションをしていたところ、なんと見積もり金額の桁が間違っていたという重大なミスを発見!

冷や汗というか脂汗をたらしながらデータを修正し、慌てて最寄りのセブン‐イレブンを探して滑り込みで間に合いました。

ネットプリントのアプリを落としておいて、本当によかったです。あと、時間に余裕をもって取引先に到着しておいて本当によかった…。(営業・30代)

出典Spotlight編集部調べ

うちの会社のコピー機、調子が悪いうえに使う人数が多くて待ち時間も長いので、アポの時は会社ではなく出先近くのセブン‐イレブンで出力するようにしています。

直前まで資料のチェックもできて、もしミスがあったら手直しもできる。なにより、会社でプリントするより速くてキレイですからね。(プランナー・20代)

出典Spotlight編集部調べ

ビジネスマンも思わず共感するネットプリントソングが話題。歌って踊るのはアノ芸人

先ほど「ネットプリント」に助けられているという証言を紹介しましたが、まさに彼らの体験談に基づいたような動画が話題になっています。

動画の中で歌って踊っているのは、奇抜な和服と白塗りメイクで瞬間流行したアノ芸人。久しぶりに画面に登場する彼がとんでもないことに…。とにかく見てみてください。

出典 YouTube

チェックイットショーッ!とは…。ダンスも持ちネタもキレまくってますね。

歌って踊って済ませられれば最高ですが、ビジネス上の冷や汗シチュエーションを回避するには、何より事前の対処策が不可欠です。

気持ちに余裕があるときこそ危機を見越した対処策を取り入れて、ビジネスパフォーマンスをアップさせてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス