ずっと噂されていたピースの又吉さんの小説「火花」の映像化が、ついに決定しました。映像化するのは日本の映画配給会社ではなく、9月2日に日本上陸する映像配信サービス・Netflix。なんと日本だけでなく、世界に向けて2016年に独占配信されます。
日本のドラマがNetflixで配信されるの、実は今回が初めてなのだとか!

先日、都内で行われたNetflixのジャパンローンチパーティーでは、サプライズゲストとして大トリで登場。「シークレットゲストで出るのが、めちゃくちゃ怖かった…」と言いながらも、喜びを隠せない様子でこう語りました。

「感情が表に出にくいタイプですが、今めちゃめちゃ喜んでます。思い入れのある作品なのでどうなるか本当に楽しみ」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

芥川賞受賞時の会見では、映画化について「僕の監督と出演はたぶんないです」と話していた又吉さん。映画化に対しては、自分の手を離れたものと感じている様な発言をしています。

「火花」の映像化については「すごく思い入れの強い作品なので、映像化されるなら空気感みたいなのは反映してもらえたらええなと」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

また、キャスティングについても、自分では考えられないと答えていました。

(出演者は)作品は10年ぐらい描いてるので、具体的に難しい。

出典 http://www.nikkansports.com

今回の「火花」映像化は、現時点では、監督や出演が誰になるかはまだ白紙の状態だそうですが、一体誰になるのか気になるところですね。

ちなみに、又吉さんは「火花」執筆時の時をこう話しています。

「皆が読む物として書いておらず、賛否両論になればいいし、怒られてもいいと思って書いていた。共感できた、できないが価値基準の最初に出るのがあまり好きじゃない。“共感に媚びる”のなら、あまり書く意味はないと思いました」

出典 http://news.livedoor.com

そして誰もが気になる次回作については、こんな風に語っています。

「自分の外側に出たいと僕はずっと思っている」と話した上で、「次とか、その次とかはたぶん周辺のことになると思う」と分析。

出典 http://www.msn.com

「恋愛であったり、子供の頃のこと、友達だったり親だったり。その辺4つくらい書いたら書き終わると思うんです」と冷静に語った。「5個めの、なんも無くなった時が一番、面白そうです」と述べ、何もなくなった時こそ“自分の外側に”出ることができ、作品も面白くなるとの考えを披露した。

出典 http://www.msn.com

そろそろ書き始めたい。でも、おもしろいものを書きたいので、どの時期に出せるかは分からない。必ず恥をかいてもいいから、書こうと思う。

出典 http://www.nikkansports.com

又吉さんの目は、すでに「火花」のその先に向かっている様です。

以前「火花」が大ヒットしている事について聞かれると「書いたら、たくさんの人に読んでもらいたくなりました。僕の本を読んで、文学に興味を持ってもらい、劇場に来て、お笑いやそのほかの舞台を見て、そうして全体が盛り上がってくれたらよいと思います」と答えていた又吉さん。きっと映画化についても、そうやって全てが繋がって、また文学や劇場が盛りあってゆくと良いと感じているのではないでしょうか。

小説家としても、芸人としても、これからの又吉さんから目が離せませんね。
もしかすると映画「火花」でも、脚本など何らかの形で又吉さんが関わってゆく事があるかもしれません。ヒッチコックの様に、映画のどこかに1シーン出演するなんて場面も期待してしまいます。

Netflix K.K. 代表取締役社長グレッグ・ピーターズ氏は「又吉さんは素晴らしい才能の持ち主。これをきっかけに、優れた日本のクリエーターとともに、オリジナル作品を作っていきたい」と意欲満々。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

この日「選んでいただき、うれしいです」と喜びを語った又吉さん。思い入れの強い作品なだけに、控えめながらもその溢れる様な嬉しさが伝わってきます。「火花」映像化に関する続報がとても楽しみですね。

Netflixは、世界に6500万人の会員を持つ月額定額制で映画やドラマを提供する世界最大級の動画配信サービス。「火花」は動画をダウンロードしながら再生できる「ストリーミング」で独占配信されます。現在、無料体験を実施中ですので、気になる方は今からチェックしてみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス