記事提供:TRiPORT

こんにちは。TRiPORTライター、旅と写真でできている赤崎えいかです。満員電車、渋滞、建ち並ぶビル群、人混みをかき分けて歩く日々…。都会に住んでいる人は、そんな日常の風景にうんざりすることも多いのではないでしょうか?

出典 https://pixabay.com

人口密度が世界トップクラスでもある東京都の人口密度は1km²の中に6000人ほどといわれ、土地面積を人口で割ると一人当たり50坪ほどの広さになります。では反対に、世界一人口密度が一番低い国はどこかご存知ですか?

世界一人口密度が少ない国は…?

出典 https://www.compathy.net

世界一人口密度が少ない国は「モンゴル」。人口密度は1km²の中にたったの1.8人ほど。東京都民が一人当たり50坪の広さで「結構広い?」と思ってしまいそうですが、モンゴルは一人当たり14,220坪。

東京ドームなら11個分と桁違いの広さです。もちろん都市部と地方では差がありますが、広いことには変わりないですね。

たったの4時間半で行ける!

出典 https://www.compathy.net

そんなモンゴルへは、日本からの直行便はMIATモンゴル航空のみなのですが、フライト時間はなんと4時間半という近さ。

(関西国際空港から出発の場合。成田からは5時間半)リゾート地のグアム・サイパンへのフライト時間とほとんど変わりません。ちなみに、北朝鮮を迂回しなければもっと早いとのこと。

そこに広がるのは360度の草原

出典 https://www.compathy.net

広大なモンゴルを育んできたのはその国土の4/5ともいわれる草原。果てしなく続く草原に包まれ、大地を渡ってゆく風に吹かれると、普段のストレスなんて跡形もなく吹き飛んでしまいます。

日頃、人間社会の荒波に揉まれている人にはぜひとも感じて欲しい世界がそこにあります。Have a nice trip!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス