いつから始めるのか?

「トイレトレーニング」早い子は2歳前にパンツになっていたりしますよね?ではいつから始めるのか?調べてみるとこんな風に書かれていることが多いようです。

●ひとり歩きがしっかりとできること
●大人の言うことがある程度理解できて簡単な受け答えができること
●おしっこの間隔があいてきていること

昼間のおしっこの間隔が2時間以上あいてきたり、夜間はおしっこを一度もせずに、朝おむつがぬれていないことが増えてきたら、そろそろトレーニングの始めどきです。

出典 http://www.kao.co.jp

保育園や幼稚園に行くから等のきっかけがあって「そろそろ始めなきゃ〜」って焦るママも多いと思います。でもトイレトレーニングって、なんとなくハードルが高いように感じますよね。それは失敗のリスクが大きすぎるというのがあると思います。笑 ただでさえバタバタとする育児の中に頻繁に「お漏らしの処理」が参入してきたら、ほんとに泣きそうになります。家事育児の合間に何度もタイミングを見てトイレに連れて行くというのも正直面倒なんですよね。でも2歳前にうんちだけでもトイレでできるようになってくれると親としてはすごく助かりますよね。

なので、うちでは結構長いスパンを設けてトイレトレーニングを行っています。以下は我が家で実践したトイレトレーニング法です!

Step1.目標を設定する

子どもの成長はそれぞれ違いますが、うちは一環して「3歳からパンツ」と決めています!3歳の誕生日から突然パンツを履きます。もうオムツは与えません!笑
保育園や幼稚園等きっかけがある場合は「3月末日までに」とか「お誕生日までに」とか、日にち単位で目標設定をするといいと思います。うちはトイレにもカレンダーを貼り目標日(誕生日)に印をつけて家族みんなで意識するようにしていました。

肝心の始めるタイミングですが…うちは1歳半くらいから始めています。というのも「あ!今ウンチしているな」と分かったらトイレに連れていく。そこからトイレトレーニングがスタートするからです。

Step2.サインを見逃さない、まずはウンチから

1歳半すぎると、今までいつのまにかしていたウンチを子ども自身が「ウンチがでそう!」と自覚して出しているように思います。ウンチのサイン(座っていた腰をあげて固まる、カーテンに隠れる、部屋を移動する、部屋の隅で座り込んでいる、急に静かになった等)があったら、出ようが出まいが半分出かけていようがトイレに連れていき座らせてみます!

この、頻繁にトイレに行くという行為の積み重ねがトイレトレーニングです。

Step3.トイレの存在を意識させる

ウンチは分かりやすいサインがあればトイレに連れて行くことができますが、オシッコは難しいですよね。でもウンチもオシッコもトイレでするものだということは教える必要があります。できれば2〜3時間おきにトイレに連れていき座らせてみます。ウチの場合は昼間なかなか連れていけませんでしたが、そんな時も朝晩だけは必ずトイレに座る習慣をつけていました。

自分がトイレに行くときも「オシッコでるからトイレにいってきまーす」と毎回報告したり、トイレの電気を明るいものにしたり壁に子どもの好きなキャラクターのポスターを貼ったりおもちゃを飾ったりと「トイレは決して怖い場所ではない」というのも伝えます。

Step4.トイレですることを気持ちいいと思わせましょう

タイミングよくトイレでできたら、とにかく宝くじに当たったくらい大げさに喜び褒め称えます!トイレの存在を覚えたら、オムツもトイレで替えるようにします。狭くて少し大変ですが、習慣付けるといいと思います。その時もあえて便座に座らせてお尻の拭き方もおしえたり、ウンチの時は自分で水を流させたりもします。子どもって水を流すの大好きですよね!

そして「トイレですると気持ちいいね♡」「おしりも喜んでるよ♡」と声かけします。

Step5.とにかく言いきかせる事が大事

「ウンチとオシッコはトイレでしようね!」2歳を過ぎたら「3歳からはパンツだよ」
の声かけも始めます♡好きなキャラクターのパンツを買ってみたり、パンツのかっこよさや可愛さを一緒に楽しみます。上手にできた日(オムツが濡れなかった日)はカレンダーにシールを貼ったりしてもいいと思います。

長男は3歳前には日中に加え夜間もオムツは濡れずトイレでできていましたが、約束通り3歳のお誕生日にパンツにしました!長女も3歳のお誕生日からパンツにしたのですが、少し前まで夜間はオムツが濡れていないのに日中はオムツが濡れてる日もあったので、しばらくはレジが混むスーパーへの買い物や長時間車で出かけるときなんかは私がびびってオムツにしてもらう日もありました。ほんとに子どもの成長ってそれぞれなんですよね。

ただ、そんなときも「ほんとはパンツで大丈夫なのにごめんね。でもお外には近くにトイレがなかったりすることもあって、もしパンツが濡れちゃったらお尻も気持ち悪くなっちゃうし娘ちゃんも嫌な気持ちしちゃうからオムツで行こうね。でもしたくなったら早目に言ってね。トイレでできるようにママも気をつけるからね」と話してから出かけ、帰ったらパンツに履き替えます。

Step6.失敗はつきもの!

トイレトレーニングには失敗がつきものです。そうと分かってはいても、忙しくバタバタしている時や来客時や、畳の上に失敗されたときなんかはガッカリと同時に怒りもありましたね、母親も人間だもの。そんな時もやっぱり叱るのはよくないと思います。何度か深く深呼吸して怒りを鎮めた記憶があります。

ただ、お漏らしにしろオネショにしろ、黙っていたり隠したりしたときには必ず叱ります。それは洗濯が大変だからでも臭いや片付けが嫌だからでもありません。「パンツが濡れたままだとお尻がずっと気持ち悪いし、夜も汚れて湿ったお布団に寝る事になる。パンツやお布団はいつもキレイにしていないとあなたが病気になったり嫌な思いをしてしまうから」だから教えないとだめ。それは子どもにも伝えて、あとは笑顔でお洗濯!

「失敗は悪いことではないから怒らないけど、それを教えなかったらママは怒るよ」と言い続けてきました。そして現在、次男にもトイレの存在を教えはじめているところです!3歳を目標に「言い聞かせトイトレPart3」気長に楽しく頑張りまーす!

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス