受験生であれば志望校を決めると思います。

その志望校を決めるときに「偏差値」というものを見て決める人は多いと思います。

自分の第一志望を決めた後、その学校の偏差値をもとにして第二、第三志望を決めていくという人は結構多いですね。

また、模擬試験を受けるときも偏差値を見て自分の学力を図るということもよく行います。

ところで、このように受験勉強の間はずっとついてくるこの「偏差値」とは一体何なのか、あなたは知ってますか?

きちんと説明を受ける機会もないにもかかわらず受験勉強の時にあるから知らないままなんとなく偏差値を見ているという人も多いと思います。

そこで、今回は受験でよく使うこの「偏差値」というものの意味を確認したいと思います。

偏差値って何?

まずは、偏差値の意味というものを確認しましょう。

下の引用を見てください。

偏差値とは平均を50、標準偏差を10となるよう各データを変換し、集団内における各データの位置を表した値をいう。

出典 https://kotobank.jp

これを見ても今一つわからないと思うので、もう少し説明することにします。偏差値を考えるときは何かしらの試験を行い、試験を行った人の点数が分かったところからスタートです。

偏差値を考えるときにはまず、行った試験の平均点を求めます。そして、次のような式を用いて偏差値と標準偏差を求めます。

偏差値=(得点-平均点) ÷ 標準偏差 × 10 + 50
標準偏差=(((得点-平均点)の2乗の総和)÷人数)の平方根

なんでこんな式が出たのかは大学の数学の「統計学」というものを知らないと説明できないので、気になる人は調べてみてください。

以上の式を使うことで、
「平均点の部分で偏差値が50、標準偏差の値である点数をとると偏差値が10上がる」
ということができます。

これを図にすると下の写真のようになります。

以上の話を簡単にまとめると、偏差値とは、

平均点を50として、いまの自分の点数が全体の中でどの位置にいるのか、あと何点取ればもっと上位のグループに行けるのかを示した値

ということができそうです。偏差値50前後が最も人数の多いグループになりやすいです。偏差値50が平均点なので当たり前といえば当たり前ですかね。

偏差値を学習にどうやって役立てる?

偏差値が今の自分の成績が全体の中でどの位置にいるのかを示すものだということはわかっていただけたと思います。

では、試験を受けた時に出る自分の偏差値を学習でどのように立てるべきでしょうか?

今回は3つ簡単なポイントを紹介します。

1 自分の現在の位置を知る

模試等の試験を受けると上の画像のように、点数とともに偏差値が出る場合がほとんどです。

このように自分の偏差値がわかると、その試験において自分が受験した人の中でどのくらいの位置にいるのかがわかります。

例えば、上の画像では英語の偏差値が73.7となっています。この偏差値は50よりもはるかに大きいので、上の画像の人は英語に関しては試験を受けた人の中ではかなり上位にいるということがわかります。

このように、
・もし、偏差値が50より大きい値であれば受験生の中では成績が良いほうである
・もし、偏差値が50より小さい値であれば受験生の中では成績が悪いほうである
ということができます。

偏差値は各科目でも出ますし、合計点でも出るので、一つ一つ丁寧に見れば自分の学習状況がどのようになっているのかがわかりますね。

2 目標までどれくらいの差があるのかを知る

模試等を受けると、自分の偏差値だけでなく各学校の偏差値がわかります。

これは
「この模試でこのくらいの偏差値をとると、この大学の合格の可能性が高いですよ」
ということを示しています。

例えば、
○○大学 偏差値55
とあれば、その試験では偏差値55以上をとると合格可能性が高いということになります。

この学校の偏差値がわかり、そのうえで自分の偏差値がわかると目標としている学校と自分の成績にどれくらいの差があるのかがわかります。

例えば、上の○○大学の偏差値が55で自分の偏差値が53であれば、あと偏差値を2上げると合格の可能性が上がるということです。

3 あとどれくらいできれば目標にたどり着けるのかを知る

自分の偏差値と学校の偏差値がわかると、目標まであと偏差値がどれくらい必要かがわかります。

この情報に、標準偏差を加えると目標の偏差値に到達するためにはあと何点必要かがわかります。

標準偏差とは
「あと何点取れば偏差値が10上がる」
という値です。

例えば上の画像のA君の国語を見てください。
得点:65
偏差値:50
標準偏差:15
とあります。

この状況でもし、偏差値をあと10上げたいと思ったら「標準偏差:15」とあるので、
65+15=80点
とれば、偏差値が60になるというわけです。

きっちり10でなくてもいいです。もし今の例でA君が偏差値を5あげて55にしたいと思ったら、
上げたい偏差値の点数=(標準偏差)×(上げたい偏差値/10)
という式に入れればいいです。

今回であれば、偏差値を5あげたいので、
15×(5/10)=7.5
点数をあげれば偏差値が5上がるということあわかります。

このようにして上げるべき点数がわかればテストを見直しやすいですね。先程の例で偏差値を5上げるためにあと7.5点とわかりました。今回は8点としましょう。

8点であればどの問題が解ければよかったのか、どのミスがなければ達成できたのか、…などがわかりますね。

ここまでわかれば勉強すべきことがわかりますね。

・このミスをなくすためにこの問題を解こう
・あの大問をクリアできるためにあの練習をしよう

等とやるべき内容が具体的になります。具体的になれば後は実際に復習・勉強あるのみです。

最後にもう一つ注意

最後にもう一つ注意しておきます。それは、
・偏差値は受験をするグループによって変わる
・あくまで目安にすること
の2つです。

偏差値は受験をするグループによって変わります。例えば、
A模試では偏差値60
B模試では偏差値45
となって、自分の成績がわかりづらいということがあります。これは模試を受けるグループが違うからです。

グループの学力が低ければ、相対的に自分の偏差値は上がります。逆にグループの学力が高ければ相対的に自分の偏差値は下がります。

ですから、偏差値が高かったからといって浮かれることなく、偏差値が低いからといってへこたれないでください。あくまで、目標とどれくらいの差があるのか、あとどれくらいできれば目標に到達できるのかに集中して偏差値と向き合ってください。

また、受験をしていると偏差値を必要以上に追いすぎて偏差値を見て一喜一憂している人がいます。

先程の「偏差値は受援をするグループによって変わる」という話と重複する部分がありますが、あくまで偏差値というのは自分の現在の成績と目標までどのくらいの差があるかを知るものなので、あくまで目安にしてください。

偏差値を見て一喜一憂し、偏差値だけを見て志望校を決めると、自分の目標を見失いことにもつながってしまいます。そうなってしまっては受験というものがただ苦痛になってしまうので、偏差値と程よく付き合ってください。

偏差値は上手に利用できれば受験勉強が効率よくできる優れものです。

気にしすぎず、適度に見つめることで充実した受験勉強をしてくださることを祈っています。もし、この記事を読んでも偏差値についてわからないことがあったらいってください。何かお手伝いできることがあれば手伝いますよ(#^.^#)

この記事を書いたユーザー

Kikki このユーザーの他の記事を見る

こんにちは

Kikkiといいます。現在大学3年生です

現在、アメブロで「学びが自分のものになる」・「学びが自分の趣味になる」を目指した勉強に関するブログと「片づけアイデアルーム」という片づけに関するサービスのブログを書いています。リンクは下に張っておきます

自分のブログ http://ameblo.jp/kikki-study-enjoying
片づけアイデアルーム http://ameblo.jp/kataduke-idealoom/

ここでは、2つのブログの経験を活かした内容だったり、2つのブログとは少し違う話題でも、ちょっと気になった内容などについて書いていくつもりです。

まだ方針は決まっていないので思いついたこと・気になったことを気ままにまとめていきたいと思っています。

記事を通して良い交流ができればと思っています^^

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス