英語を自由自在に話したい。筆者だってそうは思っています。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ここ日本には世界中の文化が入り、世界中の方が来られ、国内にいながら様々な文化との触れ合いがあります。ですので、外国に行かなくとも、外国人とのコミュニケーションは避けられない状況も一部ではあります。

勿論、ここは日本です。日本語しか出来なくて構わないと思いますし、「これからは英語くらいできなきゃ」と言ってみたところで、日本に来られる外国人は多くは非英語圏の方々です。英語である必要はありません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

その英語ですが、何故か中学校くらいから場合によっては大学に至るまで、日本人の多くは少なくとも3年、長い人は10年以上学校を介して学びます。これを真面目にやれば、英語は最低限できますので、筆者はそれでいいと思っています。習った通りとか、文法がどうのとかを一切気にせず、単語を並べて身振り手振りで使う勇気が必要なだけです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

勿論、英語圏等の外国で仕事をする方や、論文等を世界で発表する方、貿易等の海外部門業務の方、通訳の方等、そういった方は英語を一生懸命やる必要があると思いますが…

我々日本人が、日本で生活するうえで、英語にそこまで囚われてどうする!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最近、色々な人との会話の中で、この英語の話が出ます。

そこで、英語くらい出来ないとこれからはまずいとか、英検取らないと出世できないなど、色々な話が出てきますが…

実際、日々使わない英語の為に、本来日本語で書かれた本などでもっと高次元な教養やスキルを身に付けるべき時間を、簡単な英語の読み書きを覚える作業に取られることが勿体ないと筆者は考えてしまいます。

「英語が出来るようになりたい」「英語を使う仕事がしたい」…えっ?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ハッキリ申し上げますが、英語そのものは学問ではありません。何故なら日本語そのものが学問ですか?…違うと思うのです。

苦労しないで習得した母国言語が先ずあるわけですから、外国語を無意味に習得する前に、何のためにそれをやるのか、何になりたいのかのヴィジョンかを考えることが先なのではありませんか?と言いたいのです。

「この大学は1年の留学が単位になり、卒業時には英語が出来る国際人になります」…えっ?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

電車の中で見た大学の広告に、このような趣旨のことが書いてありました。正直筆者はビックリしました。英語の習得が大学の目的なのか?英語が出来ることが国際人なのか?

その趣旨ならば、専門学校か高校で出来るのではないでしょうか?言葉だけで何も専門性の無い人材を企業や社会はそんなに求めているのでしょうか?

英語が出来るというのは、日本語が出来るというのと、実質同じ段階ですよね?その先が無いならば、それをやったことによる意味は限定的だと思ってしまいます。

色々書いていますが、筆者の英語能力は中3程度です

出典 http://www.gettyimages.co.jp

その代わりと言ってはなんですが、筆者は中三までの英語ならば今でもテストは、ほとんど満点取れると思います。高校から急に難しくなりましてねぇ…関係代名詞とかサイン・コサインとか、微分積分とか、ドップラー効果とか…(ほとんど関係ないかも…)

筆者は、ビジネスでも大きな商談や、許認可が必要な難しい事を英語で言うことが無い状況ですので、英語は知っている単語、商品知識(幸い英語のモノしかないので…)、身振り手振り、ジョークで大体OKです(笑)

筆者の店舗では、外国人のお客様には、英語は出来ないとまず相手に告げてから話しますし、英語が話したくて仕方が無い外国人に興味津々なタイプでもないので、落ち着いて対応すると、帰り際に「意外と英語出来るんだな、楽しかったよ」くらいの意味に聞こえる英語を言い残して帰る方が多いです。

筆者、日本で外国人をお迎えして飲食させる仕事に於いて、これ以上英語を勉強する気が無い理由です。

そもそも、言葉なんですから、母国語で面白いこと言うことのが先でしょうよ!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

英語の習得に必死になっている人を今まで沢山見てきました。

彼らは口を揃えて「これからはグローバル化社会」だの、「英語も出来ないと大きなビジネスは出来ない」等、もっともらしいことを言います。

本当にそうなのでしょうか?そして、「そういう貴方は日本語を話している時に面白くないし、コミュニケーション能力も低いし、それを他の言葉にして外国人相手にして、一発解決したいんじゃないですか?」とつい、性格が悪いとは思いますが、筆者は思ってしまいます。

今後も内需はこの人口と経済規模ですので、減っても大きいのです。国内で大きなビジネスはいくらでも反復継続します!

筆者に英語が急に必要になったらこうします…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今すぐ英語は身に付きません、そして筆者の身振り手振りジョークの英語では切り抜けられないようなシーンが発生したら、こうします。

そういうわけで、英語だけできる人は日本にゴマンといます。ですので、英語は外注します。つまり通訳を雇います。それしかありません。いくらかのお金を払ってそれが凌げるのであれば、何年も他の日本語でするべき勉強を止めて、英語の習得をやる無駄に比べたら安いものです。

「英語を外注する」は、「行政書士に代書を頼む」と同じ感覚です。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

筆者は、ロックンロール過ぎて(笑)時に役所の人と話が通じないので、重要な許認可などの書類は必ず行政書士さんに依頼します。つまり外注です。

なので、先述した英語も外注したいのは、その専門家にお願いしたいということです。

行政書士にお願いするものの中には、筆者が一生懸命勉強すれば自分一人で出来るものも多く含まれています。英語も一生懸命勉強すれば自分一人で外国人との交渉が出来るようになります。つまり、同じレベルの話しです。

筆者は行政書士になりたいわけでも、英語を完璧に話したいわけでもありませんし、残念ながらそれを達成することに費やす時間がありません。ですので、筆者の代わりにそれのことを考えて生きてきた方に、お願いするのです。筆者もその方たちが出来ない何かをお願いされることがあるので、お互い生きていけているのです。それが役割なのです。

ダラダラ書いてしまい申し訳ないのですが…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

筆者、英語に対して偏屈な熱い思いがあり、この様な投稿をさせて頂きました。

言葉ですから、勿論沢山の種類が出来た方が良いと思っています。繰り返しますが、その先に、それを使って何をするのかが見えないままでは、学校の勉強だって本気になんかなれないと思います。受験やテストのような魅力のないアウトプットの為に本気になんかなれません。

先ずは日本語と日本文化をでしっかり継承していくことです。そして、内需の人は英語などより専門性を高めた方が良いと思います。そして一時ならば英語も外注できます(通訳)。それを踏まえ英語との付き合い方を考えても良いのではないでしょうか?という英語が少ししか出来ない筆者のヤッカミしかない投稿でした(笑)最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス