すぐに傷んでしまう食材もアルミホイルで長期保存!

この季節に美味しい果物といえば桃!でも早く食べないとすぐに傷んでしまうのが心配ですよね。そんな時には、アルミホイルに包んで冷蔵庫に入れて下さい。包むときのポイントは、空気に触れない様にピッタリと巻く事!これで冷蔵庫に入れれば、1ヶ月程度は美味しく食べられます。桃の時期の終わり頃にこうして保存すれば、秋になっても、桃を食べられちゃいますね。

ちなみにこの方法は、レモンやライムなどにも使えますし、生姜の場合はキッチンペーパーで包んでから更にアルミホイルを巻いて冷蔵庫へ。これで1ヶ月はOKです。

肉や魚はアルミホイルで包んで急速冷凍

アルミホイルは、空気の約1万倍の熱伝導率がある為、食品をアルミホイルで包む事で、一気に急速冷凍する事ができます。食品の酸化は空気に触れる事で進むので、包む時は空気をしっかり抜く事が大切です。最初にサランラップできっちり空気を抜いてまいて、その上にアルミホイルで包むと良いでしょう。

パンの冷凍にもアルミホイルがオススメ

パンを冷凍する方は多いと思いますが、ラップやフリーザーバックよりアルミホイルで包んで冷凍する方法がオススメです。上記の様に急速冷凍できる上に、乾燥した冷凍庫内でも水分が抜けにくく、抜けた水分部分に空気が入り込んで劣化してしまうのを防いでくれるのです。きっちりと隙間が出ない様に包みましょう。

冷凍したパンは、そのままトーストするか、アルミホイルに包んだまま焼いてもOK。焼きたてのパンを冷凍しておくと、いつでも焼きたての風味で楽しめます。

ちなみにフランスパンの場合は、アルミホイルに包んだまま焼くのがオススメ。こうする事で、皮がパリ&中がフワッとした焼き上がりになります。
クロワッサンの場合は、アルミホイルに少し蒸気の逃げ道で隙間を作ってあげると、美味しく焼き上がります。どちらも面倒でも、トースターを余熱しておくとより焼きたてに近い味わいを楽しめますよ。

ホイル焼きなどに活躍するだけでなく、最近では掃除や消臭など、様々な場面でも使えると評判のアルミホイルですが、食材の保存においては、今ひとつその利点が広まっていない気がします。上手にやりくり&美味しく保存に、アルミホイル保存、ぜひお試しください。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス