記憶力のいい人、というのは数多く存在する。しかしその中でも、過去の日にちをしっかり覚えていて、その日何をして何を食べて何が起こったかというのを正確に覚えている人は、実は世界にたった20人しかいない。

その人達は「非常に優れた自伝的記憶症候群(HSAMS)」と呼ばれ、イギリス人のブラッド・ウィリアムズ(57歳)は世界で初めてその症候群だと診断された最初の人物なのだ。

わずか4歳の時からその特殊な能力が発揮された

出典 http://www.theguardian.com

57年という人生の1日のある日に、自分がどこにいて何をしていたか、またどんな服を着ていたか全て明確に覚えているというブラッドさん。子供の頃は自分だけがそんな特殊な能力を持つことに気付いていなかったという。

「2歳の頃から既に本を読めるようになっていて、4歳の誕生日以降、全てのことが頭にスルスルっとインプットされるようになったんだよ。でもそんなことは、みんなできることなんだって思ってたし当時はそんな能力を生かせる学校や特殊なカリキュラムなんてなかったからね、僕は普通の学校に行ってただけだったよ。」

卒業してニュース司会者に

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ラジオでのニュースの司会者となったブラッドさんは、自分の特殊な能力が仕事に役立つことができたと語る。9年前に弟のエリックさんがアメリカのカリフォルニア大学の教授が「記憶力」についてリサーチしていることを知り、思いきってMRI検査を受けてみた。

すると、ブラッドさんは世界で初めてHSAMSと診断されたのだ。それ以降、世界に20人だけブラッドさんと同じ特殊な自伝的記憶力を持つ人が明るみになった。ブラッドさんと同じイギリスに住むヘイマンさん(23歳)もこの特殊能力を持っていると診断された一人だ。

出典 http://www.dailymail.co.uk

ヘイマンさん以外の家族の誰一人としてこのような優れた記憶力を持っていないという。ヘイマンさんも「記憶をたどることは、引き出しのファイルを探すようなものなんです。そしてそのファイルに写真がある、というだけで深く考えなくてもすぐに出て来るんです。」と話している。

彼らのような特殊な能力は何故生存するのだろうか。通常、我々は右脳の前頭葉から記憶を検索する。しかしブラッドさんやヘイマンさんは、脳の側頭葉内側の奥に存在する扁桃体という部分の肥大と、記憶や学習能力に関わるといわれる海馬と呼ばれる脳器官の機能的結合が、一般の人よりも高い数値で出るということが明らかになっている。

そのため、普通の人よりも多い範囲で記憶能力機能が働いているため、記憶容量が増え長期的に記憶を維持することができるのだという。

鮮明に覚えているというのもいいことばかりではない

出典 http://www.gettyimages.co.jp

記憶力は確かに特殊だが、それが知能と関係しているかというとそうではないとブラッドさんとヘイマンさんは言っている。「例えば、9月11日に何が起こったか、自分はあの時何をしていたかと覚えている人はきっと多いでしょう。でも僕にとったら毎日が9月11日なんです。」

記憶の引き出しが常に開き、明確に呼び戻されることは必ずしもいいことばかりではないとブラッドさんは言う。「辛い時のこと、普通なら忘れたいと思って時が経てば忘れていけるようなことでも、僕にはそれができないんです。いつまでも覚えているんですよ。」

確かにそれは辛いかも知れない。そのため、自分の特殊な記憶力をすごく嬉しく思ったことは特にないという。「仕事場でも、時々人にイライラさせてしまうんですよ。嫌みじゃなくても僕が自然に過去の出来事を全て覚えているために、また自分の記憶がいいのを見せびらかしてるよ、って言われることもあるんです。」

同僚が、ボスが、何かを勘違いしている時など頭の引き出しをさっと開けて正確に間違いを正すこともブラッドさんには可能だ。だがそれを毎回してしまうと人間関係が上手く築けなくなってしまうこともあるというのだ。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「記憶力が特殊というだけで特別にIQが高いわけでもない。ただ、過去の出来事全てを覚えているというだけのことだ。」その事実は時々ブラッドさんを苦しめた。更に年齢と共に最近はあんなにはっきりしていた過去の記憶にやや霞がかかってきたようだと話す。

「人間googleと言われてきたのに、年ととってきて何も思い出せなくなった、ってことになったら辛いですね。でもすぐ鍵を失くしちゃうんですよ。ただ他の人と違う点は、何月何日に失くしたのかを覚えているっていうだけのことなんです。」

このような特殊な能力に、一生対応していかなければいけないブラッドさんにはブラッドさんの悩み、苦しみもあるのだろうと思う。嫌なことや都合の悪いことは忘れて、楽しかったこと、良かったことだけを覚えていることの方がきっと楽に違いない。

アラフォー筆者は、最近になってますます「えっと…いつ、これを買ったっけ?」と思うことが増えて来た。自分でもヤバい!と思う反面、このような特殊な能力を持たなくて幸せだなと思うのであるが、腹時計の記憶力は人一倍確かだと豪語できるかもしれない。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら