※私が撮影した写真にイラストを合成したものです。

私しかそばにいない。私が助けなければ女性は??

朝の出来事です。道で歩いていると、30代ほどの女性が目の前で歩いているのが見えました。すると突然、トラックがそばにとまり、男性(50代ぐらい)が降りてきて女性の手を引っ張りだしました。

女性は「いや~やめてください」と叫びました。これには本当にビックリしました。目の前でいきなり男性がいやがる女性の腕を掴んで引っ張ってる。え?何これ?意味が分かりませんでした。

女性はその場でしゃがみ、必死で引っ張られないように抵抗をしていました。いきなりの出来事で、何がどうなってるのか分からない。しかし、すぐそばには私しかいない。私が助けなければこの女性はどうなる?

夫婦?それとも他人?

意を決して「す・・すみません。何をしてるんですか?」すると男性は「夫婦ですから気にしないでください」と言いました。この夫婦ですからの言葉を聞いて私はひるみました。夫婦喧嘩に他人が首を突っ込んでいいものか?

しかし、女性は「夫婦じゃありません」と言いました。「え?どういうこと?」と思いましたが、すぐ後に男性が「ちょっと前まで夫婦だったんです」と言いました。

「本当ですか?」と女性に聞くと「本当です。夫婦でした。でも別れました」と言いました。

※私が撮影したものにイラストを合成したものです。

話をしたいだけ?じゃあなんで連れ去ろうとするのか?

その後も、しつこく男性は女性の腕を引っ張っていました。私は「嫌がってるようですし、止めた方がいいんじゃないですか?」と言いました。

しかし、男性は「こっちには話があるんです」私は、「何の話かは知りませんが、引っ張って連れていくことはないでしょ。今話したらいいじゃないですか?」と言いました。

男性は「こっちが話をしたくても、応じてくれないんです」さらに女性に向かって「ほら、お前が避けるからこうしなきゃいけなくなったんだろ」と言いました。

男性には話があっても女性には話はありません

注意してもしつこく、あきらめてくれない男性に「こんなに嫌がってるのを見過ごすわけにはいきません。どういうことか話を聞きます」と言いました。

しかし女性は「もう話することなんてありません」恐らく男性は、別れた女性に未練があり、話を聞いてほしいと思ってるのだと思いますが、女性はもう充分に話した。これ以上は話しかけないでほしいと言う気持ちがあったんだと思います。

男性は「ほら、変に思われるだろ?」と充分変に思われているのに、そんなことを言い、さらにしゃがんでる女性を立ち上がらせようとしました。

※私が撮影したものにイラストを合成したものです。

通行人は見て見ぬふりです。

このやり取りの中、何人かの通行人はチラチラ見ながらも通り過ぎて行きました。「誰か助けてくれ~」そう心の中で叫んでいました。

すると一人の犬の散歩をしてたおばあさんが、近づいてきて、「ちょっと兄ちゃん、恥ずかしいからやめとけ」と元旦那に言いました。それでも元旦那は「最後に話だけしたいんです」と未練たらたらに言いました。

これにおばあさんはズバリ言いました。

「お前みたいな男は100%無理」
「どんなに頑張っても無理」
「一億つまれても無理」
「100年経っても無理」
「死んだ人が生き返るぐらい無理」

無理無理無理と無理の連発をしました。
男性はしぶしぶ立ち去りました。

無理と言うことの大切さ。

周りから見てどう考えても無理なのに、「もう一度話をしたい」「チャンスがあればもしかしたら・・・」と男は夢を見ます。周りの意見もなかなか聞いてくれなくなります。

だから無理なものは「無理」と強く言ってあげないといけない。そうおばあちゃんから教えられました。


最後までお読み頂き有難うございます。ロバート・熊はブログもしております。
是非見てくださいね。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス