10万人がリツイートした鎌倉図書館のツイート

このツイートは瞬く間に広がったのはつい先日のこと。統計でも9/1が青少年の自殺率がもっとも高い日になっているという報道がなされたのは記憶に新しいところです。

出典 http://resemom.jp

厚生労働省のこのデータをみても9/1が突出していることがよくわかります。夏休みを経て子どもたちは大きく変わることがありますが、夏休みというある種の「空白期間」というものは、子どもたちの心理状況に大きな影響を与えるということなのでしょう。

ある経験者の言葉

今日9月1日は子供の自殺最多の日。
私自身まさに経験者です。
私は夏休み中の修学旅行で強烈なイジメにあいました。
まさに9月1日に自殺を決行した。
気づいたら、病院の救急病棟に。

知人からとあるブログを教えていただきました。9/1という大きな壁を経験された方の生の声です。知人も色々と悩み苦しみ、しかし今を何とか生きていることに感謝をしています。このブログを読んで涙が出てきたと語っていました。

先進国の中でも自殺率の高い日本

日本は、旧ソ連系の国々を除くと、先進国では1〜2位を争う自殺率であり、そして最低の他殺率となります。日本国内では様々な殺人事件が報道されていますが、他殺率は世界最低なのです。そして事件の発生率も昭和39年(1964年)を最高としてその後極端に減っているのが現状です。

出典 http://masaoka21.com

WHOが算出した2011年の自殺率。日本が8位。アメリカは42位。おとなりの韓国が2位というデータがあります。

韓国といえば、一時の日本を越える過熱した競争社会であることはよく報道されています。このデータとあながち無関係とはいえないでしょう。

助けて欲しいのは青少年だけではない

「お父さん、眠れてる?」というキャッチコピーの『自殺総合対策パンフレット』(2010年に内閣府自殺対策推進室が発行)によると、2008年における20歳から24歳の死因の50%は自殺だった。

出典 http://diamond.jp

もちろん若者だけではなく、むしろ青年になればそれだけ自殺という道を選んでしまう人が増えてしまうという傾向があるとも言われています。いったいなぜこのような状況が起きてしまうのでしょうか。

逃げ道を塞がれる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

一概に「これが主な理由である」などと筆者の立場ではもちろん言えることではありません。本当の理由は死を選んでしまった本人にしかわからないのです。

しかし、誰かに相談するということができないまま、自分の進むべき道が塞がれてしまうというケースが多いのは事実のようです。

東京都が行った『自殺に関する意識調査』(平成24年)で「自殺したいと思ったことがある」と答えた該当者に対し、「自殺を考えたとき、誰かに相談したか」という質問をしたところ、「相談したことがない」と答えた人は、73.1%にのぼった。

出典 http://diamond.jp

単に相談したことがないのか、それとも相談できる人が周りに誰もいないのか。これだけでも状況は大きく変わってきますが、おそらく後者の方が多いのではないでしょうか。

家族関係、いじめ、勉強 etc 人によって原因は様々ですが、人間関係という社会で生きている中で「誰にも相談できない」ということはもっとも辛く厳しいことではないかと思うのです。

所ジョージの言葉が支えになってほしい

出典 http://thepage.jp

最近10代の子とか自殺したりするでしょ?
そういうのはね、勿体無い。人生はそん時だけじゃないんだよ。
ほんとに。50まではね、面白くないよ。
人生は。50から相当面白いよ。
10代で悩んでる方たくさんいるでしょ?
20代でも悩んでる方。30でもまだ悩んでるよ。50になってみろよ。

出典 http://curazy.com

壁にぶち当たっている当事者にはなかなか届かない言葉かもしれません。しかし「人生は今だけじゃない」と思い切って割り切れれば、ほんの少しでも気持ちは楽になれるのかなと思います。

筆者もかなりいい年になりましたが、今も壁にぶち当たり続けています。「一体何のために生かされているのか」と考える事もしばしばです。

そんな時頭に浮かべるのは、生きたかっただろうに若くして命を落としてしまった友人たちのことです。「彼らの分まで生きなきゃ申し訳ないな」そんな風に考えます。

これも立派な逃げ道です。逃げて恥ずかしいことなんて何もないのです。たった一つしかない自分の命を守るためならば。「命あっての物種」なのです。

合わせて読みたい?

この記事を書いたユーザー

らいなぁ このユーザーの他の記事を見る

【facebook】https://www.facebook.com/LINER0905
【twitter】@LINER_ippuku
引きこもりの気分屋専業主夫時々物書き屋。ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 暮らし
  • テレビ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス