ビールや焼酎、ワイン党の人からすると「ジュースみたい」「ごはん(特に和食)に合わない」などのイメージを持たれている「チューハイ」。しかし本当に料理に合わないのか?そんな疑問をもった編集部は「チューハイ、実は料理にあう説」を証明すべく、普段食事にはビール!という男女に対して実験しました。

普段チューハイを飲まない人にこそ読んでほしい!その実験の全容をご紹介します。

チューハイは料理に合うのか?徹底検証!

今回使うチューハイはこちら!「キリンチューハイ ビターズ」

今回の実験では、ビール党のふたりも気に入るであろう「ほろにがさ」が特長の「キリン ビターズ」の3フレーバーを使用。左から「スパイシージンジャー」「ほろにがレモンライム」「ほろにがグレープフルーツ」です。

今回、キリン ビターズと料理との食べ合わせを検証してもらうY男さんとE子さん。Y男さんもE子さんも根っからのビール党。普段チューハイはあまり飲まないそうです。

E子「基本ビール。たまにワインとか焼酎も飲むけど、甘いお酒が苦手なんですよねー…今回大丈夫かな?(笑)」

Y男「チューハイそのものはきらいじゃないんですよ。けど、食事といっしょにお酒を飲むことが多いんで、なんか手が出ないんですよね」

E子「パッケージは、なんか爽快感あっていい感じだよね〜。果汁が溢れる感じが再現できていて凝ってる感じがする」

あわせて食べる料理はこちら

「キリン ビターズ」との相性を検証するため、以上の料理(主に和食)を用意しました。左上から、「特製肉じゃが」「ごぼう&きのこつくね」「デラックスちくわ天」「シャキシャキ長いも&生ハムのオードブル」です。

ビール党のふたりが…いざ、実食!

Y男・E子「かんぱ〜い!」

「ほろにがレモンライム」を手にとり乾杯するふたり。

まずは「ほろにがレモンライム」と「デラックスちくわ天」から

居酒屋での定番メニュー、ちくわの磯辺揚げ。チーズを挟んで旨味がました「デラックスちくわ天」は、酸味が特徴的な「ほろにがレモンライム」との食べるとどんな感じなのでしょうか?早速ふたりに試してもらいました!

⇒レシピはこちら

E子「ごめんなさい。最初の宣言、まず撤回します。これ、おいしい!全然甘くない!わたしでも飲める!

Y男「確かに。よくあるチューハイ特有の甘さがないね。心地良い苦みがあって、それでいてスッキリしてる。ちくわに合うわ」

E子「このちくわもなんかお好み焼きっぽくて、本来ビールと合わせて食べるような味なんだけど、『ほろにがレモンライム』にぴったりだね。このお酒さ、ビールに合うようなものならなんでも合いそう!」

Y男「ビール飲む量減っちゃうかもね(笑)」

続けて2品目。「きのこ&ごぼうつくね」と合わせてみた

続けて「ほろにがレモンライム」と食べてもらうのは、豆腐と鶏肉のつくねにしいたけとごぼうを混ぜ込んだ「きのこ&ごぼうつくね」。卵黄を絡めていただきます。

⇒レシピはこちら

E子「このつくね、いろんな食感が楽しめて楽しい!」

Y男「しいたけの旨味がレモンライムの酸味と合っていいね」

E子「わたし、この組み合わせかなり気に入ったわ!試飲のつもりだったのに飲み切っちゃいそう(笑)

お次は「スパイシ—ジンジャー」と「特製肉じゃが」

ピリッとしたジンジャーの刺激が特長的な「スパイシージンジャー」にはベーコンの旨味が利いた「特製肉じゃが」を。お好みでマヨネーズをつけて食べるのがおすすめ。そして実はこの肉じゃが、火を使わずにレンジだけで作っているんです。

⇒レシピはこちら

Y男さんに料理を取り分けるE子さん。突如女子力を見せつけてきました。

Y男「ありがとうございます〜」

Y男「あ。これはまたさっきと全然違いますね!刺激強いっていうか。かなりジンジャーです。ビール的なキレの良さもありますね」

E子「この肉じゃが、味しっかり目だから、ますますすすむね。ってこれ、アルコール度数8%じゃん!(笑)ビールより高い!でも飲みやすいから飲み過ぎちゃいそう!(笑)」

Y男「じゃあ宅飲み用にいいかもね。仕事終わりに、晩酌しながらぼんやりしたいわ」

E子「バーべキューとかでみんなと飲んでもいいよね!この味はみんな好きでしょ!」

最後は「ほろにがグレープフルーツ」と「長いも&生ハムのオードブル」

ポン酢で和えた長いもを生ハムで巻いた「シャキシャキ長いも&生ハムのオードブル」。果たして「ほろにがグレープフルーツ」との相性は…?

⇒レシピはこちら

E子「わたし、生ハムすごい好きなんですよねー。ワインといつも一緒に食べているんですけど…これ、グレープフルーツに合いますね」

Y男「これ、結構グレープフル—ツの香りと味がしっかりしてますね!おいしいです!」

E子「ビールだとお腹いっぱいなっちゃうけど、これだとまだ飲めるし、食べられるね!わたし、こんなにチューハイ飲んだの初めて(笑)」

「キリン ビターズ」と料理の数々、なんでこんなに相性がいいの?

ふたりが絶賛したこれらの組み合わせには、実は科学的な根拠も。味覚センサーを開発し、「キリン ビターズ」とそれぞれの料理の味覚を徹底解剖しているんです。

出典キリン調べ

例えば「ほろにがレモンライム」と「デラックスちくわ天」の場合。「ほろにがレモンライム」の特長は、ほろにがさに加えて、レモンライムに由来する酸味の強さ。そこに、旨味の強い食材、ちくわとチーズの2つを使った「デラックスちくわ天」を合わせると、レモンライムの酸味がちくわ天の旨味を引き立て、最強の組み合わせになるのです。その相性はなんと98.1%

結論「キリン ビターズ」は料理にあう!

Y男「キリンはビールの会社だと思ってたけど、ビールだけじゃないわ。ビターズは料理に合うね!チューハイのイメージが変わったわ!

E子「うん!これは認めざるを得ない!ってか、単体でもこれおいしいわ!特にレモンライム!このスッキリしたほろにがさにハマった!しかも糖類0!

Y男「あんだけ食べて飲んで、そこ気にしてたの?(笑)」

今回ふたりが挑戦したのは「ほろにがレモンライム」「スパイシージンジャー」「ほろにがグレープフルーツ」の3フレーバーは絶賛発売中!さらに9月からは、居酒屋などの飲食店でも飲めるように。どんな食事にも合うビターズは、今後どんどんファンが増えそうですね!

「チューハイなんて…」と偏見をもたないで、料理のおともにぜひ試してみてくださいね!

※お酒は20歳になってから。本記事の20歳未満の方への共有(シェア)は、いかなるソーシャルメディアでもご遠慮ください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス