スムーズなお産、3大要素

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
じつは、医学用語には安産という定義はありません。ただ、一般的な「安産」の解釈としては、お産がスムーズに進み、母子ともに健康、ということでしょうか。そんな、スムーズなお産には、3つの要素が絡み合っています。

1:赤ちゃんの大きさ
お母さんの骨盤に対して、赤ちゃんの頭が大きすぎると、産道を通過することができません。その場合は帝王切開になります。

2:産道
骨盤部分(骨産道)、子宮口から膣までの筋肉やじん帯(軟産道)からなる産道が柔らかく広がると、赤ちゃんがスムーズに通過できます。

3:娩出力
赤ちゃんを押し出す力=子宮の収縮+腹圧のこと。規則的に、徐々に強く収縮していくことで、子宮口を開き、赤ちゃんを娩出します。

スムーズのお産がし辛い人の傾向とは…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

身長が150cm以下の女性の場合、経膣分娩では、赤ちゃんがスムーズに娩出されないことが予想さるため、現在では、かなりの確率で予定された帝王切開となる場合が多いです。

また、現代では、腰の細いスリムな女性が好まれる傾向にありますが、腰が細い=骨盤が広がりにくく、大きな産道が確保できにくいため、赤ちゃんをスムーズに娩出されにくい傾向があります。

安産(スムーズなお産)のために出来る事を2つお教えします!

安産のために出来る事1:太りすぎに気をつける

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お産をスムーズにする3大要素のひとつである、赤ちゃんの大きさは、赤ちゃんそのものの大きさというより、お母さんの骨盤の大きさとのバランスが問題になります。

ただ、上述のように、身長の低い方、腰の細いスリムな体型の場合、予防策は残念ながらありません。そのため、赤ちゃんが大きくなりすぎないようにすることが大事になってきます。巨大児とお母さんの太りすぎは関連性が深いので、妊娠中は極端に太り過ぎないように気をつけましょう。

また、軟産道は、子宮口から膣口までの部分で、筋肉やじん帯などで成り立っており、非常に脂肪がつきやすい部分です。太ってしまうと、もともと狭い軟産道を、さらに狭めることにもなるため、妊娠中の極端な体重増加は好ましくありません。

≪今からできる安産生活!痩せられないのは生活習慣が原因かも!?≫
1分でできる【痩せない生活習慣】チェック

安産のために出来る事2:股関節をやわらかくする

出典 http://www.gettyimages.co.jp

産道は、骨産道と軟産道から成り立っています。出産が近づくにつれて、ホルモンの分泌によって、骨のつなぎ目が緩められて、赤ちゃんが通りやすくなります。さらに少しでも赤ちゃんが通りやすいようにとる姿勢が分娩時のスタイル。

医師からのアドバイス

分娩時、大事なのが、股関節の柔軟性です。妊娠中からストレッチをして股関節を軟らかくしておくと、お産の進行を助けます。ただし、安定期に入ってから、積極的に行うようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス