バルト3国のひとつ、エストニアの首都タリン。あまり馴染みがない国ですが、首都のタリンは、ヨーロッパだけでなくアジアからの旅行者に今大人気の中世が息づくおとぎの街!!そんなタリンを旅行してみました。

元々森だったこの場所が港として切り開かれたのは13世紀頃。1219年にデンマーク王によって砦は占領され、14世紀半ばにはドイツ騎士団、16世紀後半にはスウェーデン、18世紀にはロシア帝国と、次々と支配者が交代していきました。現在では、北ヨーロッパの中で最も保存状態がいい旧市街とされており、その旧市街はハンザ都市として栄えた時代そのままを現代に伝えています。1997年には世界遺産にも登録されました。

始まりは2時間の船旅

タリンへは飛行機と船、そしてバスで行くことができますが、お勧めなのはフィンランドのヘルシンキからの船の旅。

出典momo-ka

旧市街の入り口には太っちょマルガリータ

出典momo-ka

港から10分ほど歩くと、旧市街の北端の入口、スール・ランナ門に到着。その門のそばに大きな砲塔があります。この建物は、昔牢獄であった時期もあり、通称「太っちょマルガレータ」と呼ばれています。囚人の食事の用意をするマルガレータという女性が太っていたからそういう名前がついたそうです。なんだか、ピッタリの名前ですね。

昔の商家、スリーシスターズ

出典momo-ka

門をくぐると見えてくるのが15世紀に建てられた「スリーシスターズ」。商家が3軒並らんでいるのでそう呼ばれています。 タリンがハンザ都市であったことの名残りでしょうか、各家の壁からは、屋根裏部屋の倉庫に荷物を引き上げるために使ったクレーンを掛ける杭がそのまま残っています。築500年の元商家は、今では高級ホテルとなり、当時そのままの木の温もりのある内装、蝋燭の火、暖炉の温かさを楽しむことができるそうですよ。

スリーシスターズから少し歩くと、街で一番高い尖塔をもつ聖オレフ教会が見えてきます。

聖オレフ教会

出典momo-ka

124mもの高さの塔は、旧市街で最も高い建物。15世紀には159mもあり、当時では世界一高い塔だったとか。教会の急な階段を昇ると、タリンの美しい街並みが広がっています。

ラエコヤ広場

出典momo-ka

デンマークに占領される前から市場としてあった広場は、今では旅行者の憩いの場となっています。

旧市庁舎

Licensed by gettyimages ®

ラエコヤ広場に立つタリン旧市庁舎は、北ヨーロッパで、唯一中世からの姿のまま残るゴシック様式の市庁舎です。1404年の増築後に現在の外観となりました。

雨どいはドラゴン

出典momo-ka

その旧市庁舎の雨どいはドラゴン。タリンには、雨靴の雨どいなど、至るところに楽しい仕掛けが残っています。雨の日に訪れても楽しそうですね。

市議会薬局

出典momo-ka

広場の角にある市議会薬局は、ヨーロッパで最も古い薬局のうちの一つ。15世紀の開業当時より同じ場所で、今も営業を続けています。普通の薬の他に、15世紀のレシピで作られたスパイス入りのワインもあるそうです。

出典momo-ka

中世の雰囲気とお料理を楽しめるレストラン

出典momo-ka

ランチは広場近くにある「オルデハンザ」。重厚な木の入口から仄暗い店内へと足を踏み入れると、そこには完全なる15世紀の商家の世界。ほぼ蝋燭だけの明かりのもと、当時のレシピを再現したお料理が楽しめます。もちろん夜もお勧めですよ。

ホテル・テレグラーフ

出典momo-ka

ヘルシンキから日帰りもできるタリンですが、素敵なホテルがたくさんあるので、是非宿泊してみてくださいね。こちらは、名前通り、旧市街にある19世紀の電報局を改装したホテルです。中は、旧建築の壁や階段が残り、アンティーク調の電話機や装飾品が当時の雰囲気を醸し出しています。

出典momo-ka

出典momo-ka

今回泊まったお部屋には小さなバルコニーがあり、朝焼けが美しい街並みを見ることができました。バスルームに窓がついたタイプのお部屋もあるそうですよ。お部屋の設備は最新のもので快適にすごせ、スタッフもとてもフレンドリーでした。さらに、ホテルには、2011年にエストニアのシルバースプーン賞を受賞したレストラン「チャイコフスキー」もあります。

ホテルテレグラーフには2011年にエストニアのシルバースプーン賞を受賞したレストラン「チャイコフスキーTchaikovsky」があります
ロシア料理とフランス料理を頂けます
予約が取りにくいと聞いていたし、フォーマルな洋服を持って行ってなかったので、諦めていたのですが…
チェックイン後、スタッフがお部屋に案内してくれる途中にレストランも紹介してくれました
そして、「今予約もできますよ」と

Rataskaevu16

出典momo-ka

タリンは美食の街。どこに行っても美味しいお食事をいただけますが、もう一軒お勧めしたいのがこちら。現在、タリンで一番人気のレストランです。写真のお料理は、アボガドのサラダ・シーバックソーンドレッシング。酸っぱいシーバックソーンフルーツを上手くアレンジしたお洒落な一皿でした。フレンドリーなスタッフに美味しいお料理は旅行を盛り上げてくれますね。

夕暮れの旧市街

Licensed by gettyimages ®

あまり知られていないタリンですが、親切な人々に、美味しいお食事。嬉しい発見がいっぱいありました。まだあまり知られていない国を探していらっしゃるのでしたら、ぜひタリンの街を散策してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

momo-ka このユーザーの他の記事を見る

はじめまして。
旅行と美味しいものが大好きな社会人大学生です。
最近は身近な食べ物で体の中からきれいにする食材を探してます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス