記事提供:カラパイア

秋はキノコの季節。おいしいキノコが盛りだくさんのこの時期に、食べたらあかんキノコが昨年から出回っていたようだ。まるで食べてもらうのを誘っているかのようなセクシーさなのだが、実はこの姿、毒キノコを食べた後の人間の姿を表現したものなのだそうだ。

昨年秋、カプセルトイとして出回っていた「ポイズンきの子」は、実際にある毒キノコの傘の下には足がついている。でもって一見セクシーにみえるその姿は、その毒キノコを食べたときに発症する症状を表したものなのだそうだ。

よってポイズンきの子を見ることで、どのキノコを食べるとどうなるかが如実にわかる仕組みとなっている。

ヒメベニテングタケ子(腹痛)

タマゴタケモドキ子(ひん死の重体)

ザラエノハラタケコ(腹痛)

タマシロオニダケ子(重度の腹痛)

現在このカプセルトイは楽天などで購入可能だ。

ちなみにこんなイタズラなんかもできる

マッシュルームに擬態中

キノコの炒め物の中に混入か

昨年の商品なのだが、海外サイトでも紹介されているほどの人気だったので、今年はコップのふちとかに座れる感じのリニューアルが待たれるわけだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス