ばくだんむすびって何?

『ばくだんむすび』知ってますか?
知らない人も多いかと思うので、軽く説明。ばくだんむすびっていうのは、普通は『爆弾おにぎり』とも呼ばれているおにぎり。1つのおにぎりの中に、梅、シャケ、ツナマヨなんかの具材が入っているので、色んな味が楽しめてボリューミー。男子学生なんかに人気のコンビニ商品です。
直巻きの海苔と丸いフォルムで爆弾の名前が由来となっている。と思います。

かなり意外な物が入っている!

爆弾おにぎりが何たるか分かってもらった所で、今回紹介するサークルKサンクスの『ばくだんむすび』は、すでにシリーズ展開していますが、ちょっと中身が変わっています。
これまでに発売された商品名を一部紹介すると。

・つくねマヨ
・タルタルチキンカツ
・ぶり照焼き&きんぴら牛蒡
・ねぎマヨ鶏唐揚
おにぎりの具材というより、何だかお弁当のおかずのようなラインナップです。
ボリューミーな具材のラッシュかと思うと、ぶりの照焼きという渋いチョイスも不思議。

他には、伝説のすた丼屋、ドラえもんの映画、エビ中ことアイドルユニットの私立恵比寿中学など、色んな物や人とコラボしています。

現在発売中のばくだんむすびもスゴい!

このように、サークルKサンクスの、色々とネタを提供してくれている、ばくだんむすびですが、現在発売中のばくだんむすびもスゴいです。

その名も。ばくだんむすび(のり弁風)
…えっ?おにぎりなのに、のり弁ってどういうこと?つまり、おにぎりの中身が、のり弁ってことですか?
気になったので、さっそく買ってみました。
それがコチラ。

ばくだんの名に恥じない黒くて大きくて丸い物体は、手に持つとズッシリと重量感があります。

ラベルの表書きによると、白身魚フライ、鶏唐揚、ちくわ磯辺天、おかか、こんぶが入っているようです。

出典けいたろう

中身がギュウギュウ!

さっそくかぶり付いてみます。するといきなり具材にぶつかります。おにぎりを食べると、最初は普通、海苔とご飯という、いわば凪の状態がしばらく続いて、具にぶつかって「お。お宝の梅を発見」となりますが、このばくだんむすびには、そんな物一切ありません。

出典けいたろう

一口目から具です。「え?もう具?ペース配分ミスった?」と思って別ルートからかぶり付いても、すでに先回りしている具にぶつかります。

出典けいたろう

しかも具が何だかよくわかりません。それもそのハズ。普通のおにぎり、例えば梅おにぎりなら、梅おにぎりを買ったと自覚のもとで食べるワケですから、いたって冷静に「梅だな」となりますが、「これなんだっけ?」とはなりません。

しかし、今回のばくだんむすびはあくまでも、のり弁風なので、具にぶつかると「はて?これは何だっけ?」となります。

そこで、必要となるのはさっきラベルです。ラベルは宝の地図であると同時に識別表となっているので、ラベルを食べながら食べるのが正しいスタイルであると言えます。

出典けいたろう

ちなみに中心を通る断面はこんな感じ。中身ギュウギュウです。

出典けいたろう

上に唐揚げ、左にちくわ天、真ん中に白身魚のフライの姿が確認できます。黒いのはこんぶでしょう。

あっちに行けばお宝。こっちに行ってもお宝。とお宝入れ食い状態で、1個食べきるとかなりの満足感が訪れます。

カロリーは堂々たる471kcal!

さて。堂々の満足感がやってきたとなると、気になるのはカロリーです。
これもラベルを見てみましょう。さっきは表でしたが、今度は裏です。

カロリーもかなり堂々の471kcalです。しかし、あれだけの満足感を得られての471kcalでは、同じ471kcalでも印象が変わります。

菓子パンなんかの「え?こんなに小さいのに471kcal?」という恐怖の471kcalではなく、「食べた食べた。これで夜まで行けるぞカロリーは?471kcal?うん。それくらいあれば安心」というむしろ信頼感のでる471kcalです。

忙しい社会人やとにかくいっぱい食べたいという男子学生にオススメです。

この記事を書いたユーザー

けいたろう このユーザーの他の記事を見る

観光情報サイトの『たびねす』にて旅行ガイド執筆中。
取材で京都・大阪を中心に色んなところに、観光スポットに出入りしてます。
旅行・食べ物以外には、上方落語とプロレス、B級な物事が大好物です。
一児のパパだったりもします。
ぜひ旅行ガイドを読みに遊びに来てください。
たびねす
http://guide.travel.co.jp/navigtr/280

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス