保育士さんのお仕事を手伝う

やんちゃな子どもたちを、毎日お世話する保育士さんたち。そんな、バタバタといそがしい日々を送る保育士さんを助けるためのロボットが登場!  その名も「MEEBO(みーぼ)」。
「MEEBO(みーぼ)」は、園児たちを楽しませる技をたくさん持っているようです。

●ダンス等
音楽に合わせて「みーぼ」と一緒にダンスが踊れます。 

●園児向けクイズ
「みーぼ」が園児にクイズを出して一緒に遊んでくれます。(予定) 園児との新しい「遊び」として、先生・園児・「みーぼ」で一緒に楽しみましょう!

●絵本の読み聞かせ
昔話や効果音を出して絵本の読み聞かせをしてくれます。(予定)

出典 http://unifa-e.com

さらに、子どもに直に接触せずに検温ができるという機能もあり! 「MEEBO(みーぼ)」は保育士さんをしっかりサポートしてくれる、強力な味方ですね。

これが「MEEBO(みーぼ)」だ!

出典 YouTube

身長約28cm、体重約1kg。MEEBOは持ち運びに便利なサイズです。

出典 http://unifa-e.com

ユニファ株式会社というところがスタートした世界ではじめての見守りロボットサービス。こんなカワイイロボがいたら、子どもたちは自然によってきちゃいますよね。

保護者にもメリットが

保護者にとって嬉しいのは、なんといっても子どもたちの写真をゲットできるところ。
保育園にいる間って、子どもがどうしているのか、ほとんど分からないことが多いのが現実。「MEEBO(みーぼ)」がいれば、子どもたちの様子をパシャパシャとたくさん撮ってくれます。

園児に話しかけ、園児の顔を認識して内蔵カメラで自動撮影する機能がある。
撮影した写真は、同社のネット写真販売サービス「るくみー」を通じて、保護者がPCやスマートフォンなどから即日閲覧、購入できるようにした。

出典 http://japan.cnet.com

リアルタイムに近いペースで写真がアップされるので、「今どうしてるかな?」とふと思い立ったタイミングで、いつでも見られるようです。
データ画像を購入できるほか、プリントアウトしたものを送ってもらえるので、現像の手間いらずなところが助かりますよね。

保育園にも嬉しい仕組み

こんなにたくさんの機能が付いているのなら、維持費とか高そうって思いますよね。でも大丈夫。なんと、この「MEEBO(みーぼ)」、自分で稼げるロボットなのです!

園児数や設定単価にもよるが、仮に100人の園児が在席する保育園にMEEBOを設置、写真単価を1枚100円として保護者が1カ月に10枚買えばユニファの売り上げは10万円となり、 2割のマージンを設置保育園に払う契約であれば、保育園には2万円が売り上げとして計上され、MEEBOのレンタル料(月額9800円)をペイできる。

出典 http://monoist.atmarkit.co.jp

「MEEBO(みーぼ)」の撮った写真が売れるほど、保育園にも収入が増えます。
また、これまでは保育士さんが写真を撮って、それを選んで、プリントしてという手間がかかっていましたが、それを全部任せられるようになるとのこと。写真関連の雑務が減れば、それだけ子どもたちへと手をかけることが可能に。
保育園にとっても、メリットが盛りだくさんなようです。

これから新機能が続々と

すでに大活躍が期待できる「MEEBO(みーぼ)」ですが、さらなる進化の予定があるとのこと。

MEEBOの機能のうち物語の読み聞かせや、ダンスや挨拶のバリエーションは、随時追加されていくという。また、地震速報などを受信し、子どもたちに机の下に隠れるよう促す機能も近日中に搭載する予定。 ハードウェア面での変更が必要になるが、サーモグラフィカメラを内蔵させる予定があるという。これは子どもたちの体温を測り、発熱した子どもを自動で感知したら保育士などに注意を促す機能を搭載するためだ。

出典 http://kaden.watch.impress.co.jp

単なる見守りロボットとして、ではなく、子どもたちのお兄さんやお姉さんへと近づいていきそうですね。

子どもたちと保育士さんたちに明るい未来を

「MEEBO(みーぼ)」が見守っていることで、子どもたちの安全度は少し上がり、保育士さんは日々の雑務から多少解放されます。 保育園での日常が「MEEBO(みーぼ)」の撮った写真を通して気軽に見られることで、家族の間の会話もいつもより増えるでしょう。
「MEEBO(みーぼ)」というサービスをはじめた会社の代表、土岐泰之氏は、こう宣言しています。

「家族×テクノロジー」で世界中の家族コミュニケーションを豊かにする。

出典 http://unifa-e.com

テクノロジーの進歩で、家族の絆が深まるのはステキなこと。
そのきっかけとなる、「MEEBO(みーぼ)」。応援していきたいものです。

この記事を書いたユーザー

飛花くるみ このユーザーの他の記事を見る

2歳の娘を育てているママ。
子どもがいるせいか、
育児をしている人は無条件で応援したくなる今日この頃。

平日は保育園に娘を預けて、お仕事。
娘とずっと一緒にいたいけれど、生活のためと、
私の精神安定のために「働くママ」を選択。
土日はまったり育児で、親バカぶりを満喫。

そろそろ、もうひとり産みたいなぁと妊活中。
でもやってることとは、たま~にやるヨガくらい。
(ヨガは妊活になるのか!?)

モンハン大好きなダンナさまと、慎重派の娘と、
日々を過ごしています。

なるべく前向きに子育てできれば、というのが理想☆


投稿する記事には、愛情をたっぷり込めています。
少しでも、ほんのりとでも、心に暖かさが伝わるといいなーと考えつつ、
今日もネタ探し中。


そうそう
フェイスブックでのママ友申請はOKですよ♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス