日本にも海外にも、車椅子利用者向けのジーンズは既に存在しているが、実際に車椅子利用者によって、同じ目線でデザインされた実用的、かつおしゃれなジーンズが話題になっている。

2007年に事故で車椅子生活となったマッケンジーさん

出典 http://mashable.com

2007年に21歳で自動車事故に巻き込まれ、下半身麻痺となってしまったマッケンジーさん。まだ若いマッケンジーさんは、自分と同じく車椅子利用者にとって機能的で、おしゃれなデザインの洋服を探していたがなかなか見つけにくかった。

車椅子に乗りながら着心地のいい服、例えば体にきちんとフィットする服を着たいと思うのはマッケンジーさんだけではなかった。健常者には気にならないポケットの位置も、車椅子利用者にとっては不便な位置に感じることも多い。

特にジーンズは普通のジーンズを履くと背中側がずり落ちて着たりすることも多く、実用的とは言い難かった。車椅子利用者のための服は、ほとんどが高齢者用で実用的だがおしゃれではない。そこで2015年、マッケンジーさんはデザイナーのクリスティンさんとブランドAlter Ur Egoを立ち上げた。

「こんなジーンズ待っていた!」と称賛の声

出典 http://mashable.com

背中側が特に深いウエスト部分で作られており、ずっと座っていてもだんだんずり落ちて来る心配はない。お腹部分でサイズの調整もでき、ジーンズを引っ張り上げやすいように内側にストラップもついている。更に排泄がしやすいようにカテーテル対応も完璧だ。

通常よりも長めの丈になっているので、座った時にちょうどよい長さになりおしゃれ感が出るというわけだ。そして何より嬉しいのはお尻部分にポケットはなく、太もも部分にポケットがついている。これで使いやすさ100%というわけだ。

「ファッションを通して自己主張ができるように」

出典 http://mashable.com

元々ファッションへの興味がありファッション業界で働く予定だったマッケンジーさん。だが、事故により断念せざるを得なかった。しかし、このジーンズのブランドを立ち上げるという思わぬチャンスに恵まれた。

「車椅子利用者も健常者と同じ。おしゃれだってしたい。ファッションを通してもっと自己主張できるようなものを作りたかった。」と念願叶った喜びを語っている。

同じ目線ならではの発案により社会の壁を壊して行きたい

出典 http://mashable.com

マッケンジーさんが、車椅子利用者であることによって同じ目線を参考に発案されたこのデザインは、かなり好評だ。ネットでも評判になり「絶対買うわ!」「こんなジーンズ待っていたのよ!」と続々と嬉しい声が上がっている。

男性にも女性にも履けるこのジーンズ。マッケンジーさんは今後も機能的でおしゃれなデザインの服を作っていきたいと話している。「みんなに自信をあたえて、社会の壁を壊して行けたら。」そう語るマッケンジーさんの瞳はポジティブな力に満ち溢れている。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス