出典 http://ameblo.jp

夜空を見上げた視界を埋め尽くす何千、何万ものランタン。まるで映画のワンシーンのような幻想的な光景が広がるランタン祭りは一生に一度は行ってみたいお祭りのひとつです。

今回はタイのチェンマイで毎年11月に開催されるロイクラトン祭りの中でも外国人観光客向けの「イーペン・ランナー・インターナショナル」についてまとめてみました。

イーペン・ランナー・インターナショナルとは??

タイでは、毎年陰暦12月(新暦10月〜11月頃)の満月の夜、川の恵みへの感謝の気持ちを表し、自らに宿る穢れを濯ぐため、ロウソク、線香、花などで美しく飾られたたくさんのクラトン(灯篭)を川に流す「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りが全国各地で行われます。

チェンマイのロイクラトン祭りは「イーペン」と呼ばれ、ピン川を流れるクラトン(灯篭)が水上に浮かんだ天の川のように幻想的で美しいお祭りとして有名です。

出典 http://www.thailandtravel.or.jp

また、チェンマイはこの時期サンサーイ地区にあるメージョー大学の敷地内で、コムローイと呼ばれる熱気球を天に放つイーペン・サンサーイでも有名です。

出典 http://www.thailandtravel.or.jp

そして、外国人旅行者が北部タイやランナーの伝統文化に親しめる催しとして数年前より開催されているのが「イーペン・ランナー・インターナショナル」です。
コムローイ(ランタン)を空に放ち、ブッダに感謝の気持ちを捧げるという仏教行事です。

思わず溜め息が出てしまう光景が…!!!

出典 http://ameblo.jp

合図と共に一斉にランタンを夜空へと放ちます。

夜空一面を覆いつくす無数のランタン。
言葉を失うくらい、幻想的。これマジで。
心が震える感動っていうのかしら。
この光景で、なんだか満ち足りた、幸せな気持ちになりました。

出典 http://ameblo.jp

出典 http://ameblo.jp

空へと放たれたランタンは、風に乗ってまるで天の川のよう!

ランタン祭りにはこんな楽しみ方も!

■花飾りで気分はラプンツェル!

出典 http://cache3.asset-cache.net

ディズニー映画「ラプンツェル」のモデルにもなったと言われるランタン祭り。友達やお子様と一緒にお花をあしらったヘアアレンジで参加すれば気分は憧れのラプンツェル!より一層お祭りを楽しめること間違いありません。

※筆者が参加した2014年のお祭りではラプンツェルのヘアアレンジをした日本人の女の子が大人気でした。

参加するにはどうしたらいいの?

出典 http://ameblo.jp

イーペン・ランナー・インターナショナルはチケット制のお祭りとなっている為、チケットを手配しないと会場に入れません。参加する方法としては3通りあります。

◆日本発着ツアーの場合
日数は6日間前後、費用は15万前後のものが多いようです。

◆現地発着ツアーを利用
バンコク発の1泊2日ツアーの場合、チェンマイまでの往復航空券・ホテル・日本語ガイド・お祭りチケット・会場送迎等が含まれて4万円前後のものが多いようです。
チェンマイ発の日帰りツアーの場合、日本語ガイド・お祭りチケット・会場送迎が含まれて1万5千円前後のものが多いようです。

◆自力で行く
ランタン祭りのチケットのみを入手し自力で会場へ行くもので一番安上がりです。ただし当日会場付近は酷い渋滞なので会場へは余裕を持って行く必要があります。



2015年の開催日程は11月25日に決定!
2015年のイーペン・ランナー・インターナショナルの日程は11月25日(水)です。チケットやツアーの空きも残り僅かになりつつあるので、迷っている人は急いで手配を!

最後に世界のランタンを飛ばすお祭りまとめ

■平渓天燈節(台湾)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

毎年、元宵節(旧正月の15日)に開催されるお祭りで、ランタンにその年の願いを書き込み夜空に飛ばします。日本からも行きやすく人気のお祭り。

■聖ヨハネ祭(ポーランド)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ポーランドを含むスラブ諸国では古代から夏至を祝う習慣がありました。それをアレンジし、2010年からランタンが飛ばされるようになりました。
しかしながら2014年、2015年は資金難や市当局の了解が得られない事を理由に中止されています。是非復活してほしいですね!

いかがでしたか?
実際参加すると、想像以上に幻想的で溜め息の連発でした!タイや台湾といった比較的行きやすい国で参加出来るお祭りですので、家族旅行や女子旅にもおすすめです。

この記事を書いたユーザー

SAORIGRAPH このユーザーの他の記事を見る

「見たい!」「行きたい!」と思ったら最後。国内外どこでもバックパックと一眼レフを背負って出掛けます。最近絶景を見て足が震えるのは感動のせいなのか、それとも加齢のせいなのかは定かではありません。
【BLOG】http://ameblo.jp/sao-tabi-saorigraph/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス