うのたろうです。
林檎派のみなさま、「Macbook air」つかっていますか?

自宅でカフェで電車のなかで、どこでも自由に……

こういったフレキシブルな使い方はWindows PCではなかなかできませんよね。カフェや電車のなかでたまに見かけますが、Windows PCの場合、少々サイズ的にもじゃまくさかったり、重かったりして、どうしても持ち歩くのがおっくうになってしまいます。

それどころか、Windows PCなどの重量的に重いマシンでは部屋で使っていたとしても移動させるのがなんだかひどく面倒くさい。たとえばデスクからソファへの些細な移動もいちいち意識しなければできないし、ちょっとトイレにいくときにだって気軽にPCを持っていくなんてこともできません。

これではせっかくラップトップを使っている意味がなくなってしまいます。
滅多に移動させないならば据え置き型のデスクトップPCを買っていた方がよほどしあわせになれていたはずです。

と。
まあ、そんなわずらわしさとは無縁なのがくだんの「Macbook air」ですが、特徴はなんといっても軽いこと。

Macbook airはまるで重さを感じない。さながらそれは羽のように……というわけにはさすがにいきませんが、スマホやタブレットのように気軽に移動させることができるのがこのMacbook airの最大のウリです。

これでどこでも好きな場所で作業やブラウジングが楽しめる。巨大でぶ厚いWindows PCを横目に見ながら高速道路をすいすい走る感覚でね。これこそがラップトップPCの最大の魅力です。

そんなMacbook airですが、さまざまな周辺機器が販売されています。
そこで、お手持ちのMacbook airをさらに快適に使用するための便利グッズ5選を本日ご紹介いたします。

①超小型USBメモリ・SDカード

Macbook airは2015年時点でストレージが128GB~512GBというスペックなので少々たよりない部分があります。それを補ってくれるのが外部メモリの存在です。

写真などのデータを大量に保存する場合、外部メモリを使うことをオススメします。

自動で書きこみをしてくれる超小型USBメモリやSDカードを刺しっぱなしにしておけば、内部ではなくこちらの外部メモリに自動的にデータが保存されるようになります。
そうすることにより、もうメモリ容量を圧迫することはありません。安心してMacBook Airにさまざまなものを保存することができます。

またMacbook Air専用のSDスロット対応拡張メモリーカードというものならば刺すだけでOK。面倒な設定なしでストレージの空きを確保できます。

②外部ディスプレイにつなげる・HDMI変換ケーブル

MacBook Air(に限らずPC)を自宅で使う際にはデュアルディスプレイで作業をすると便利です。デュアルディスプレイとは画面を2つにするということです。

たとえば片方の画面で資料を見ながら、もう一方の画面で別の資料を作成するといったことができるのがデュアルディスプレイの最大の利点です。タブをあちこち切りかえる必要がないので作業効率がぐっとアップします。

そんなデュアルディスプレイですが、たとえば家庭にテレビがある人ならばHDMI変換ケーブルをMacBook AirにつなげるだけでOK。

ほかにも家庭にあまったPC用のディスプレイがある人の場合は、外部ディスプレイにつなげるケーブルを購入しMacBook Airとつなげてデュアルディスプレイの環境を整えることができます。

またデュアルディスプレイは本当に便利なので、もしテレビもあまったディスプレイも家庭にない場合は、ケーブルといっしょに新規でディスプレイ自体を購入しても良いかもしれません。

それくらいに便利なものです。

③Apple Wireless Keyboard・Magic Trackpad

これは作業効率をあげるために便利なものです。Apple純正のもので、使った方には説明不要というほどに便利なアイテムです。

ラップトップのせま苦しさを解消し、コンパクトでありながらデスクトップPCと同等にらくな姿勢で作業ができるようになるのがこのワイヤレスキーボードとマジックトラックパッドです。

ベタであたりまえの便利アイテムですが、自宅で作業をする場合には必須のアイテムだといえるでしょう。

これがあるのとないのではずいぶんと作業効率が違いますので、MacBook Airを手にいれたらぜひともゲットしてほしいアイテムのひとつです。

④ポータブルバッテリー

外出先でMacBook Airを使用する場合に必要なのがこのポータブルバッテリーです。

カフェで電源を借りて使用するという方法ですとどうしても作業ができる場所が限られてしまううえ、なじみのない土地でで突然作業をしなければいけなくなったときなどに対応できなくなってしまう場合も多々あります。

また運よくカフェにはいれても、近くに電源がない席しかあいていない場合もあり、こういった不運はストレスにつながってしまいます。

そのため、外出先でMacBook Airを使用する人はかならずポータブルバッテリーを持ち歩くようにしてください。

もちろん大容量のものに越したことはありません。

⑤スタンド

最後はスタンドです。じつはMacBook Airはけっこうファンの音がうるさいです。
なぜファンの音がうるさいのかというと、やはり薄さを優先しているが故、排熱が不十分だからです。そのためファンをガンガンにまわしPC内部に熱がこもるのをふせいでいるというわけです。

そのファンの動きを助けるのがMacBook Air用のスタンドです。MacBook Airとテーブルのあいだにすきまをつくることで排熱を助けてあげるのです。そうすることによりPC底面の熱が逃げるようになるためMacBookAirの熱暴走をふせぐことができます。

また上記のワイヤレスキーボードやマジックトラックパッドと組みあわせて、自宅でクラムシェルモードでデスクトップPCのように使用する場合にもスタンドは必須になってきます。

長時間、MacBook Airを使う方にとっては必須アイテムだといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は奇をてらったものではなく、ベーシックで実用的な便利グッズ5選を紹介いたしました。

今回、この記事でご紹介したものはどれも手持ちのMacBook Airのスペックを体感的にあげるものばかりですので、買って損はありません。

アクセサリーでデコレーションするのとは違うガジェットとしてのMacBook Air。クールにスマートに、そして武骨に実用的に使い倒してみてはいかがでしょうか?

せっかくのMacBook Airです。
見た目だけではカッコ悪い。きちんと実用性がともなっていなければ、本当の意味でのスマートさはありませんよね。たとえオシャレな見た目でも、スペックが低くてはどうにも使い勝手が悪くなってしまいます。

そんなわけで、この記事を参考にただのMacBook Airとは違う、実用的でハイスペックなMacBook Airをこの便利アイテム5種の装備で実現させてください。

お手持ちのMacBook Airがひと味もふた味も違ってきますよ?

いちおう、外でもライターの仕事をしています。
フリーランスのうのたろうでしえた。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス