アーティストやバンドにとって大事なライブ・コンサート。

ライブ、コンサートの動員数は年々増加しており、公演数や会場の規模がアーティストの人気を推し量る1つの指標にもなっている。

出典 http://realsound.jp

しかし、そのライブ・コンサートといっても様々な物が増えています。

“ライブ”と一口に言っても、FC限定、未成年限定、CD購入者限定……など様々な限定ライブも開催されているが、中でも特別な一体感を生み出すのが、“性別限定ライブ”だ。

出典 http://realsound.jp

最近では福山雅治さんが2年連続で男性限定のライブの開催を発表しましたね。

この性別限定のライブ・コンサート。

たくさんの方々が行なっていますが、男性限定で男性ソロアーティストで初めて行ったのはどなたかご存知でしょうか?

T.M.Revolutionの西川貴教さんです。

日本の男性ソロアーティストとしては初めての試みである、男性限定ライブを渋谷クラブクアトロで決行。

出典 https://ja.wikipedia.org

男性限定ライブがスタートしたきっかけ

西川さんのファン層といえば、女性の方々が中心。

しかし、西川さんが行なっていたラジオ番組「オールナイトニッポン」での、同性として親しみやすいトークが人気を呼んだことや、楽曲がアニメなどのタイアップで使われたことにより、男性ファンも増えていきます。

そのためライブへ足を運ぶ方も増え始めたのですが、女性ファンが多い状況もあり、遠慮がちに楽しむ方や、興味はあるけど参加してもいいのかな?と悩まれる方も。

そういった男性ファンの方々から「男性限定でライブ出来ませんかね?」という要望が「オールナイトニッポン」に届き、西川さんが「じゃあ野郎ライブをやろう!」と構想を掲げ、2003年に実現させます。

野郎ライブ成功!定番化…しかし…

初めて行われた野郎ライブは無事成功。

男性ファンの方々の1年の楽しみとして定着していきます。年々、規模も大きくなっていき、2003年にスタートした時は500人ほどの会場だったのが、2012年には5000人規模へと拡大。

ですが、野郎ライブは2012年に一旦終了してしまいます。

終了…からの3年ぶりの復活

終了とした理由について、西川さんは「役割を終えた」と語っています。

細かいことはあまり語られていないので、推測になりますが、男性ファンも増えて、通常のライブでも女性ファンと変わらずに楽しむ方が増えたことや、イベントとしてやり尽くした達成感から「役割を終えた」と語ったように思われます。

毎年、恒例のイベントが無くなり、男性ファンの方々からは「残念」「寂しい」という声が。

その声は毎年聞かれ、復活して欲しいという声が強まっていきます。そんな中、10枚目のアルバム「天」のリリースを記念して、行われたファンの方々とのハイタッチ会。

ここで男性ファンの方々から復活の要望を多く聞いたという西川さん。

この間あったイベントで来る奴、来る奴投げつけてくるんすよ。(笑)

出典T.M.R. LIVE REVOLUTION'15 -天-  東京公演より

その熱意に押されたのか…東京でのライブで急遽、沖縄で開催することを発表します。

これまで首都圏開催が多かった中、沖縄での開催ということで、やや戸惑いの声もありましたが、待望の野郎ライブ。男性ファンの方々のほとんどが歓喜の声をあげ、ライブの開催の日が待たれていました。

そして…

8月30日・沖縄・ナムラホールにて、男性限定ライブ。T.M.R. LIVE REVOLUTION' 15 -Strikes Back XI開催。

筆者も男性でファンということもあり、参加してきました。

開演前から「西川」「アニキ」というコールや、男性限定ライブなので、男性器のコール、西川さんの元奥様・パフィーの吉村由美さんのことなのか「吉村」や、最近の仲の良さをいじった「再婚」「おめでとう」というコールまで飛び交う自由過ぎる空気。

そこへ西川さんやバンドメンバーの方々がステージへ現れ、熱いライブが始まります。

待ちに待ったライブが始まったことにより、客席は大いに盛り上がります。激しく暴れる方々が多いためか、室内には湯気が立ち、力尽きた人が床に倒れて休むという混沌とした風景が…しかし、皆さん、笑顔でとても楽しそう。

西川さんも客席の反応を見て、熱いパフォーマンスを展開。

何度も何度もお客さんに向かい「サイコー!」と叫び、笑顔を見せます。

男性ファンだけだからこそのやり取り

お客さんも西川さんに向けて、開演前同様、様々なコールを届けますが、沖縄だからなのか「めんそーれ」コールが飛んだ後…

「お前らほとんど本土の人間だろうが!」

「お前らの方こそ、めんそーれだ!」

出典T.M.R. LIVE REVOLUTION' 15 -Strikes Back XI

と、大半が本土から来たお客さんへツッコミしつつ、感謝も込めて…

「約束した野郎ライブ!ここ沖縄まで来る奴なんてバカとしか言えねえだろ!そんなバカな奴がこんだけ集まって…そんな奴ら「仲間」としか言えねえだろーがよ!」

出典T.M.R. LIVE REVOLUTION' 15 -Strikes Back XI

また周りと支えあって、もっと騒いで暴れろという意味で…

「ち○こは何のために付いてるかわかるか?支え合うために付いてんだ!」

出典T.M.R. LIVE REVOLUTION' 15 -Strikes Back XI

と、煽りに煽ります。

会場のテンションはグイグイと上がり、もうお祭り状態。汗や飲み物で床が濡れ、まるでサウナのような状況の中で、お客さんと西川さん達が1つになっていきます。

アルバム「天」からの楽曲を中心にアンコールを含め、全17曲を披露した後、西川さんは笑顔で会場を後にしていきました。

興奮が冷めないファンの方々は歌ったり、ハイタッチするなど、スポーツの良い試合を終えた後のような空気が漂っていました。

参加者の方々の反応

ツイッターからいくつか引用させて頂きました。

見ていた女性ファンの方々は?

当日のライブはニコニコ生放送で中継されていて、女性ファンの方々にも好評だったようです。

バンドメンバーやスタッフの方々は?

ステージに立っていた側の方々やスタッフとして関わっていた方々はどう見ていたのでしょうか?

皆さん、楽しまれていたようです。

西川さんはこの日のライブに関して何か語ってはいませんが、ライブ中での発言で改めて感じることがあったのか、このようなツイートを。

久々の男性限定ライブであったり、必死に楽しむお客さんを見て何か思うところがあったのでしょうか。

今後の開催等は何も決まっていませんが、またこうして男性限定のライブが行われるのか?気になりますね。

また女性限定ライブを始めとした様々な限定ライブを行なって欲しいという声もあるので、もしかしたら何かの限定ライブが行われるかも…?

来年はT.M.Revolutionがデビューして20周年。記念して大きなことをやりたいと西川さんは語っているので、今後どんなことが行われるのか目が離せません。

この記事を書いたユーザー

シーブックたけのり このユーザーの他の記事を見る

テレビ・芸能・Twitterネタを中心にまとめています。よろしくお願いします。
一応、ライターみたいなこともやっています。
Twitterアカウント@nsbtakenori

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス