ここに勇気ある一人の男性がいる。彼はイギリス、スコットランド在住のモハメッド・アバドさん、43歳だ。彼は自分に起こった出来事、そしてこれまで37年間の苦悩と葛藤の日々をメディアで話した。

「私はただ、普通の人生を送りたいだけなんです。私がこれまでに乗り越えて来たことを、みなさんに知ってもらえればと思いメディアで語る決心をしました。」彼のインタビューは民放放送でもオンエアされた。しかしこれによって妻が彼のもとを去るという悲しい結果になってしまった。

6歳の時に事故で大怪我。12時間の命と言われた。

出典 http://www.dailymail.co.uk

学校からの帰り道、友達数人と雪玉を投げて遊んでいたモハメッドさん。そしてふざけた調子に、1人の少女がモハメッドさんを道路に押し出した。そしてモハメッドさんは車に轢かれ、何メートルも車の下で引きずられるという大事故を起こしたのだ。

病院へ搬送された時には12時間の命と言われた。だが、奇跡的に回復。一命を取り留めたものの1年半もの間、病院を行ったり来たりすることになってしまった。しかもモハメッドさんは、男性の大切な性器を事故で全て破壊されてしまっていたのだ。

2年前に妻になってくれた女性と知り合った

出典 http://www.dailymail.co.uk

これまで37年の間に、実に119回もの手術を受けてきたというモハメッドさん。排泄用の為に作られた人工用の性器を装着していた。腕の一部の皮膚を切除し、ペニス部分に接着。人工ペニスには神経、血管、尿道を繋げた。用を足すことはでき、感覚もあるが、勃起することはできなかった。

2年前に知り合った女性と結婚した。しかし、モハメッドさんが自分の身に起こったことを話したのは結婚式の当日だった。驚いた女性は、それでもモハメッドさんの男性性器が機能するようになるまで待つ、と言ってくれた。

しかし、メディアに出たことで妻の家族がモハメッドさんのことを知り、そして妻自身も子供ができないプレッシャーを感じるようになり、去年家を出てしまったという。

「前もって打ち明けるのが怖かったんです。」

出典 http://www.dailymail.co.uk

結婚式当日に打ち明けたことを深く後悔しているというモハメッドさん。「でも、インド人の我々は、結婚して3ヶ月以内に子供ができないと周りからもあれこれ言われるし、プレッシャーになります。子供ができない=用なしとして見られるのです。妻は子供を作りたかったし、セックスもしたかった。だけど僕にはそれを与えることができなかったんです。」

しかし、誰が彼を責められようか。学校時代は男性性器が無くなってから、虐めの対象にもなったという。命は助かったものの、6歳の時から辛く、苦しい人生を生きて来た。結婚だってしたい、子供だって欲しい、普通の人生を送りたい。

「だから妻が私を去ったことは理解できます。」しかし妻が出て行った後、ちょうど3年間かかっていた第2段階の治療が終了したのだ。それは、モハメッドさんの人工ペニスを実際に勃起させることができるという素晴らしい治療だったのだ。

睾丸に埋め込まれたスイッチで勃起させられる人工ペニス

出典 http://www.dailymail.co.uk

スイッチを押すことによって、ペニスに挿入された管に食塩水が入り込み勃起できるという仕組みだ。モハメッドさんは、37年目にしてようやく男性として生活をすることができるようになったのだ。

「感動なんてものじゃない。もう本当に最高ですよ。」

出典 http://www.dailymail.co.uk

モハメッドさんにとって苦悩の日々であったという37年間。新しい治療により、立って用が足せるというだけでなく、ベッドでも機能できるようになったのだ。妻には去られてしまったが、また新しい人を頑張って見つけたいと前向きに語っている。

「今度はちゃんと前もって事故のことを言いますよ。できれば将来、子供も欲しいです。」専門医たちはモハメッドさんの希望がいつか叶う日が来ると信じているという。

事故を起こすきっかけになった少女のことを一切恨んではいないとモハメッドさんは言う。「彼女にも、誰にもこんな結果になるなんてことは想像がつかなかったんですから。恨んでもしょうがないですよ。あの事故以来、彼女とは一切会ってないんです。今どこにいるのかも知りません。」

故意に起こした事故ではないとはいえ、1人の人の人生を大きく狂わす事故を引き起こしたことに間違いはない。当時、その子は9歳だったというから当然親にも話しただろう。モハメッドさんに謝りにも来なかったということなのか。だとしたら、ちょっと悲し過ぎる。

しかし、本人は前向きに生きる決心をしている。これまでの37年間、自分と社会と葛藤してきた日々だったために今ようやく前進することができるのだ。昔のことを考えても確かにどうしようもないことだろう。モハメッドさんの前に近い将来、素敵な女性が現れてくれることを願おう!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス