香水大好きな女子はたくさんいますよね。でも、レギュラーサイズを使い切るのは、ちょっと大変かもしれません。

そんなとき、小さくてもクオリティーが高くて価格も手ごろな香水のミニボトルをお勧めします。

小さくても、ひとつひとつが個性的で素敵な瓶ばかり!

出典 http://blogs.c.yimg.jp

小さくても普通サイズと変わらずに、いやそれ以上と言ってもいい程、細部まで作りこまれているのです。

香水は主に体に付けることを目的とされていますが、こんな素敵な瓶ばかりなのに、それだけでは、もったいない気がします。

玄関やリビングに!

出典 http://www.aqura.co.jp

 自分は慣れていて気にならない家の匂いも、訪れた人には不快な匂いに感じてしまう
 こともあります。
 
 蓋をはずして、玄関やリビングに置いてみましょう。
 少しの時間だけ香ればいいという場合は、コットンに浸みこませ置いてみましょう。
 数時間は香り続けます。 

 

ドライフラワーに!

出典 https://static.minne.com

ドライフラワーなどは、長く時間が経つと、ちょっと嫌な匂いに変化してしまうことがあります。
使い切った、その花の香りのミニボトルの香水の瓶をドライフラワーのなかに忍ばせておきましょう。
素敵な香りが戻ってきます。

お風呂で入浴剤として!

出典 http://www.womaninsight.jp

お風呂にお気に入りの香水を2,3滴落とすだけで、バスルーム全体によい香りが広がり、ちょっとリッチな入浴が楽しめちゃうんです。
空のミニボトルの香水の瓶をバスタブの横に並べてみましょう。
眺めるだけで女子力が上がります。
これは個人的にとてもお勧めです。

お洗濯の「すすぎ」の時に!

出典 http://item.shopping.c.yimg.jp

 お洗濯で、最後の「すすぎ」の時にお好みの香水を2,3滴落としてみてください。
 洗濯物から、ほのかに良い香りが漂うようになります。
 下着や、特にシーツや枕カバー等にいいかもしれません。
 夏は、レモンやライム系、寒くなったら、ちょっと濃厚な香り等、季節によって
 違った香りを楽しむのも素敵です。

手紙に!

出典 http://marthanew.com

手紙、はがき等に、ほんの一滴ほど香水を落とすと、相手に香りのメッセージも伝わります。
最近は、メールが主になり手紙を書くという習慣はかなり減ったようですが、こんな時代だからこそ香り付きの手紙をもらうと、心に伝わるような気がします。
 
年賀状や暑中見舞いなどに一滴落とすのも素敵だと思います。

香水を付けるのが好ましくない場所があります。

・マナーとして、病院(お見舞いを含む)、お葬式、等はやはり
 控えましょう。

・茶道をされる方も、お茶会などではお香を焚く場合がありますので
 やはり控えておいた方がいいでしょう。

・また、ちょっとフォーマルな食事会などでも、香りがキツすぎると、
 白い眼で見られがちです。

・直射日光に当たるところに付けると、肌にシミができる恐れがあるので、
 出来るだけ避けましょう。

・真珠に付けてしまうと、真珠が溶けてしまうことがあります。
 高価なものだけに気を付けてください。

・天然素材から作られる高級香料は、毛皮、シルク、コットン、レーヨン、
 アセテート、等に直接付けると香りが落ちにくくなる上、シミになる
 ことがあります。
 できるだけ裏地に付けましょう。
  
・車、トイレ等、狭い場所は香りが落ちにくくなります。
 特にトイレなどに芳香剤の代わりに香水を使うことは禁物です。
 香水は、芳香を放っても消臭効果はありません。
 その上、その香水の香りが「トイレの匂い」として記憶されてしまいます。

・エアコンのフィルターに吹き付けると、香水によっては時間が経つと
 好ましくない香りがすることがあります。
 これはその香水の原料に動物性香料が含まれていた為で、それが
 人間の肌との接触がなかったため、良い香りにならないまま
 ストレートに出てくるためです。

・危険な場所として、山、キャンプ等自然の多い所は、香水の種類
 によっては虫を刺激します。
 
・女性の場合、チカンが出没する所では控えた方がいいです。
 香りは、第三者にも無差別に作用します。
 男性の多くは、女性が想像している以上に良しも悪しくも
 香りに動かされ易いそうです。

秋は「香りの季節」とも呼ばれます。
香水のミニボトルだからこそ、色んな香りを試してみたり、もしあまり好まない香りを購入してしまっても、こんな活用法で使ってみるといいと思います。

自分の好みの香りをみつけて、体に香りを付けるだけでなく、色々な活用をして生活を楽しみたいなと思いました。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス